期間限定 3ヶ月無料!
7,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で3か月無料!ハイレゾ音源も追加料金なしで楽しめる!1月10日まで

オフィスでもキャンプでもどこでも淹れたて本格コーヒーが飲めるプレスボトルCOTTLE

オフィスでもキャンプでもどこでも淹れたて本格コーヒーが飲めるプレスボトルCOTTLE

コーヒー作ってそのまま飲めるサーモタンブラー

インスタントではなくドリップコーヒーの美味しさに目覚めた人におすすめのボトルがこちら。

仕事中でもプライベートでも場所を選ばずどこでも手軽に淹れたての本格的コーヒーが飲みたいって方におすすめなのが、プレス式のドリッパーとサーモボトルが一体になった『ビタントニオ プレスボトル COTTLE』です。

どんなボトルなのか気になった方は、まずは公式の紹介映像をどうぞ。

スポンサーリンク

コーヒープレスボトル COTTLE 紹介動画

メーカーのビタントニオによる公式映像です。

1分40秒でこの商品の概要を知ることができます。

▼ Vitantonio COFFEE PRESS BOTTLE "COTTLE"

COTTLE(コトル)の特徴

COTTLEはコーヒー抽出器具のフレンチプレスと真空2層のサーモボトルが一体になった便利なコーヒーグッズ。

お湯とコーヒー粉があれば、自宅やオフィス、アウトドアでのキャンプなど、どこでも本格的なお気に入りの淹れたてコーヒーを楽しむことができます。

主な特徴はこちら。

  • ほかのコーヒー抽出器具は不要。これひとつでどこでも淹れたてのコーヒーを楽しめる
  • プランジャーと目の細かなステンレスメッシュフィルターと外周のパッキンという仕組みは、フレンチプレスと同じ構造。オイルと微粉が残った豊かなコクのコーヒーが楽しめる
  • 真空2層のステンレスボトルで飲み頃温度をしっかりキープ。ホットでもアイスでも使えます
  • ハンドル状のキャップで持ち運びやすく開け閉めしやすい
  • 内部のフィルター部分を外せば、普通のステンレスボトルとしても使える

ボトルの容量は420mlで、コーヒーの最大抽出量は300mlです。

使い方も簡単。

COTTLE(コトル)の特徴

  1. 中挽きより細かいと目詰まりの原因になるので、粗挽きのコーヒー粉を入れてお湯を注ぐ
  2. お好みで3〜4分蒸らす(蒸らす時間が長いほど濃いコーヒーになります)
  3. プランジャー(ツマミ)をゆっくり下ろす

これで本格的なコーヒーの出来上がり。

フレンチプレスの場合は、抽出後にカップに注ぐ必要がありますが、このCOTTLEはボトルなのでそのまま飲み口に口をつけて飲めるし、キャップをして持ち運びもできます。

お手入れ方法について

飲み終わったあとは、飲み口を持って、飲み口・プランジャーセットを引き出して、底にあるコーヒー粉のカスを取り除きます。

ゴミ箱にそのままトントンしてあらかた取り出せても、まだ中に粉が残ってるので木製やプラスチック製のスプーンで掻き出します。

残りは水を入れて三角コーナーなどにドバーッと流してすすげばOKです。

フレンチプレス同様、ちょっとだけ面倒ですが慣れれば比較的スムーズに掃除ができます。

自宅はもちろん、仕事場やアウトドアでも大活躍するプレスボトルです。

コーヒーをどこでも楽しみたい方は是非お試しください。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!