インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

水も食べ物も在庫が減ったらAmazonへ自動注文『スマートマットライトA3とA4』

水も食べ物も在庫が減ったらAmazonへ自動注文!『スマートマットライトA3とA4』

在庫管理・発注・買い忘れ、からの解放!

Amazonで毎週・毎月繰り返し注文してるもの、ありますか?

あと、Amazonの定期お得便を使ってみたけど定期配達のタイミングが合わずにやめちゃった、という経験はありますか?

そんな人におすすめなのが、累計販売台数が18,000台を突破したマット『スマートマット ライト A3&A4』です。

Amazonの注文クラウドサービスを活用したマット。

管理したいものを上に載せるだけで、在庫量を把握し事前に設定した量まで減ったら自動でAmazonに発注してくれるという便利もの。

スポンサーリンク

水・お茶・炭酸水・コピー用紙など数多くのリピート品に対応

スマートマットライトA3とA4と注文画面イメージ
スマートマットライトにはA3とA4の2サイズがあります。A5サイズも4月に発売予定のようです。

最大計測重量は、A3が100kg、A4が30kg、A5が5kgまで。

在庫管理したいものに応じてサイズを選びます。

例えば…

  • A3:コピー用紙、大容量ドリンク、業務用備品、おむつ、など
  • A4:小容量ドリンク、米、などなど、なんでも万能サイズ
  • A5:マスク、衛生用品、使い捨て製品、洗剤、棚の中の商品、など

という感じで使い分ければいいかなと。

1台のマットに複数種類のものを載せると在庫管理ができないので、1台1アイテムです。


減ったら自動で再注文
マット購入後、専用のWebサイト(アプリではなくブラウザ上で動作)のクイックスタートに従ってインターネットに接続。

あとは日用品を選択してマットに置くだけで、自動再注文が始まります。

スマートマットライトが1日4回残量確認し、事前に設定した量を下回ると自動で発注してくれます。

これでもう、「在庫管理・発注・買い忘れ」から解放されます。

オフィス・家庭の日用品全般を自動発注できるのはかなりラクですね。

リモート・テレワークで自宅で過ごす時間が増え、定期購入するものの消費量が増えた方には最適なアイテムです。

オフィスはもちろん、自宅をスマートオフィス化したい人にもおすすめです。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!