自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

カシューナッツは糖質が多い?太る?実はビタミン・ミネラル豊富なおやつでした!

カシューナッツは糖質が多い?太る?実はビタミン・ミネラル豊富なおやつでした!

生活習慣病や骨や歯を丈夫にするなど様々な効果が期待できるカシューナッツ

中華料理などによく入っているカシューナッツ。

糖質制限中にアーモンドやくるみを食べるようになったんですが、カシューナッツだけは糖質(炭水化物)が多いというイメージがあったので敬遠してました。

現在は以前のような過剰な糖質制限ダイエットはやってないので、ミックスナッツを食べるようになり、カシューナッツのほんのり甘くて柔らかな食感が好きになりました。

ダイエット再開!減量中の間食にぴったりなミックスナッツ2種を購入比較

ダイエットや美肌効果にも良いミックスナッツ。男性よりも女性の方がナッツ好きが多いようで、うちの妻も頻繁に食べるように。

ただ、妻が食べるとカシューナッツとアーモンドがどんどん減っていく。

妻曰く「くるみはちょっと苦いから苦手なんだよね」とのこと。おかげでミックスナッツの袋にはくるみだけが残ることに…(くるみもちょっとは食べてるようですが、消費量はアーモンドとカシューナッツの半分以下)。

というわけで、ミックスナッツを買うのではなく、アーモンド・くるみ・カシューナッツをそれぞれ単品で1kg購入することにしました

これなら各自、好きなものを好きな量だけ食べられるし、無くなったものから追加購入すればいいので過剰にくるみが残ることもありません。

スポンサーリンク

カシューナッツは糖質が多い?太る?成分比較

過剰な糖質制限ダイエットをやってた時に思い込んでしまったのが、カシューナッツはアーモンドやくるみより糖質が多い、ということ。

実際、それぞれ10gの栄養価を見てみると、その情報が間違っていないことが分かります。

成分くるみアーモンドカシューナッツ
エネルギー67kcal59kcal58kcal
糖質0.4g1.1g2g
脂質6.9g5.2g4.8g
たんぱく質1.5g2g2g
塩分000.1g

同じ10gで、くるみの糖質は0.4g、アーモンドは1.1g。それに比べてカシューナッツは2gもあります。

くるみの5倍、アーモンドの約2倍です。

スーパー糖質制限ダイエットをやっている場合、1日の糖質摂取量は30〜60g。そのわずかな糖質摂取量の場合、カシューナッツよりもより糖質の少ないくるみやアーモンドに目が向くのは仕方がありません。

今は1日の糖質摂取量110〜140gのプチ糖質制限をやっているので、そこまで気にする必要が無くなったのでカシューナッツも食べてます。

糖質制限ダイエットに役立つハンドブックはこちらを使ってます。

糖質制限ダイエット中の何食べたらいい?がすぐ分かる『食品別糖質量ハンドブック』糖質制限に必要な情報がすべてここに

ただ、そもそも10g中に2gの糖質量って一般的にどうかというと…

ポテトチップ10g・・・糖質5g
チョコレート10g・・・糖質5.2g
クッキー10g・・・糖質6.1g

とまぁ、一般的なお菓子に比べて十分低いです。

もちろん、食べすぎたら糖質の過剰摂取で太るのは間違いありませんが、カシューナッツがアーモンドやくるみに比べて特に太りやすいということはありません。

ポテチやチョコレートを食べるなら、ナッツ類は体にもいいのでおすすめです。

カシューナッツの特徴

くるみ・アーモンド・カシューナッツともに体にいい脂質が豊富で、糖質は驚くほど少ない。

食物繊維も豊富なのでダイエット中だけでなく毎日の暮らしに取り入れたい栄養素です。

くるみの特徴は、健康に良いとされているオメガ3脂肪酸がナッツ類の中でもっとも豊富なこと。オメガ3は動脈硬化を防ぎ、コレステロール値や中性脂肪値を下げるなど生活習慣病の予防にも効果があります。ほのかな苦味もいい感じ。

アーモンドの特徴は、抗酸化作用がありアンチエイジング効果のあるビタミンEを豊富に含んでいます。脂肪燃焼に欠かせないビタミンB2も豊富です。

そして、今回紹介するカシューナッツの特徴。

カシューナッツにはオレイン酸はもちろん、亜鉛・鉄・ビタミンK・ビタミンB1などのミネラルが豊富で、食感が柔らかくほのかな甘みがあります。

オレイン酸は悪玉コレステロール(LDL)を減らして善玉コレステロール(HDL)を増やし、動脈硬化や心臓病・高血圧を予防してくれるため、生活習慣病に効果があります。

亜鉛や鉄は骨や歯を丈夫にし、貧血の予防にも効果があり、ビタミンB1は疲労回復の効果も。

くるみやアーモンドに比べてほんのちょっと糖質が高いという理由だけで敬遠してたカシューナッツ。

糖質以外に体に良い様々な効果があることが分かったので、これからはダイエット中の間食にカシューナッツも本格的に食べていきます。

オススメはアルミ袋に入った無添加カシューナッツ

くるみやアーモンドと同様、今回もAmazonで購入しました。

デイリーナッツアンドフルーツの無添加カシューナッツ
購入したのは『デイリーナッツアンドフルーツの1kg 素焼き無添加カシューナッツ』です。

これを選んだのはパッケージがアルミのチャック付き袋になってたこと。

1kgという大容量なので妻と2人で1日30g食べたとしても、食べきるまでに約1ヶ月ちょっとかかります。

カシューナッツは直射日光を避け、常温で保管することで風味を落とさずに長く食べることができます。

Amazonでは透明のチャック付き袋で販売されてるところが多かったので、少しでも長く美味しく食べるためにこれにしてみました。レビューも140件を超えてて星4.1の高評価。レビュー内容も良かったです。


デイリーナッツアンドフルーツの1kg 素焼き無添加カシューナッツのパッケージ
原産国はインドです。食塩・食物油不使用の無添加カシューナッツです。

栄養成分表示(100g当たり)では、炭水化物は30.1gと書かれてます。10g当たりでは炭水化物は3gということになります。

炭水化物=食物繊維+糖質 なので、炭水化物3gの内訳は食物繊維1gに糖質2gということですね。


袋から取り出したカシューナッツ
袋から取り出したカシューナッツ。全体的にきれいに炒ってあります。変形や変色などはなく、普通に美味しかったです。これでこの値段なら十分です。


パッケージのチャックはちょっと固め
パッケージのチャックはちょっと固め。逆にいうと、かなりしっかりしてるので空気の出入りは皆無でしょう。

まとめ

糖質が高いので敬遠してたカシューナッツ。

  • 生活習慣病の予防と改善
  • 骨や歯を丈夫にしてくれる
  • 食物繊維が豊富なので便秘解消にも
  • 貧血予防
  • 疲労回復

年齢を重ねるほどに気になってくるこういう症状の改善に効果があるのはうれしいですね。

しかも、糖質も少なくダイエット中の間食にぴったり。

ただ、カシューナッツって近所のスーパーやドラッグストアでも500gで2,000円とかで販売されててちょっと高いイメージがありました。

Amazonだと1kg2千円ちょっとで買えるので、かなりお得に手に入りました。

これからのプチ糖質制限がはかどりそうです!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。