こだわりのオーディオ機器をBluetooth対応に!『OKARA Oh.1』AUX入力端子につなぐだけの簡単設計

こだわりのオーディオ機器をBluetooth対応に!『OKARA Oh.1』AUX入力につなぐだけの簡単設計

こだわりのHi-Fiステレオ、長年愛用しているMDコンポやラジカセなどを使って、スマホに入れてる音楽を手軽に聴きたい。

そんな時に便利なのが『Bluetoothレシーバー OKARA oh.1』です。

Oh.1が、お使いのオーディオ機器をBluetooth接続対応機器に変身させてくれます。

PR【期間限定!クーポンで15%OFF】服・シューズ・バッグ・時計ほかお買い得な割引キャンペーン開催中!商品ページに表示されたクーポンを適用するだけ。→詳しくはこちら 5/3 23:59まで
スポンサーリンク

古いオーディオが蘇る OKARA Oh.1 特徴

古いオーディオが蘇る OKARA Oh.1 特徴
無垢材の木目が美しいOh.1。

本体にあるのは電源供給のUSB端子と、ステレオミニプラグを挿すAUX端子のみ。

もう使わないかなと思ってた古いオーディオ機器が蘇ります


OKARA Oh.1の仕組み
使い方は簡単で、オーディオ機器にあるRCAやAUXなどの出力端子と、Oh.1のAUX端子をケーブルでつなぎ、スマホとOh.1をBluetoothでペアリングして接続するだけ。

これで、古いオーディオがBluetooth機器に早変わり。

スマホの音楽を古いオーディオ機器で楽しむことができるようになります。

主な特徴はこちら。

  • 無垢材による継ぎ目のないフラットな筐体
  • 高精度オペアンプLT1723を使用
  • 最新のQualcomm製ハイエンドチップ搭載
  • 両電源の採用による低歪み設計
  • 対応コーデック:AAC/aptX/aptX Low Latency
  • 伝送距離:最大10メートル
  • 電源/入力電圧:USB/5V
  • 外寸法(W/D/H):32.0 x 44.0 x 15.0 mm
  • 製造国:日本(静岡県浜松市)

AAC対応でiPhoneやiPad、Macとも相性がいいだけでなく、パーツの選別や設計により歪みや信号ロスの少ない構造となっています。

廉価なオーディオ機器は、高域と低域を大幅に強調されている場合も多いですが、Oh.1は元ソースの音声全体が素直に再現されるよう設計されてます。


ウォールナット、パドック、けやき、メープル
ウォールナット、パドック、けやき、メープルの無垢材をくりぬいて制作。


オーディオ機器の色合いに合わせてどうぞ
高級感のある4色のカラーバリエーションが用意されているので、高価なオーディオセットでも雰囲気が壊れません

お使いのオーディオ機器の色合いに合わせてお選びください。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。