最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

糖質制限ダイエット中でも食べられるブランパン(ふすまパン)を焼いてみた結果 強力粉を加えたレシピも

糖質制限ダイエット中でも食べられるブランパン(ふすまパン)を焼いてみた結果 強力粉を加えたレシピも

いびつな形のブランパン出来ました!そのお味は...

糖質制限ダイエットをはじめてもうすぐ1ヶ月。

ここ最近15日間ほど体重が81kg台で進展なし。毎日落ちてるならモチベーションも続きますが、こうも体重が変わらないとどうしてもやる気が落ちてくる。

というわけで、ちょっと気分転換がてら『パナソニック ホームベーカリー』を買って低糖質のブランパン(ふすまパン)を自分で作ってみることにしました

低糖質ダイエットなので、当然ながら糖質を多く含むご飯や麺類などの炭水化物はほとんど食べられません。

その代わり、低糖質なローソンのブランパンシリーズを買って食べてたんですが、これからも糖質制限は長く続けていくつもりなので、どうせなら自分で作ってみようと思ったわけです。

わざわざ買いにいかなくてもいいし。

スポンサーリンク

ブラン(ふすま)とは?

軽くブランパンについて触れておくと、「ブラン(ふすま)」とは小麦の表皮のこと。

小麦粉よりも低糖質・低カロリーなだけでなく、食物繊維をはじめたくさんのビタミンなど豊富な栄養素が含まれてます。

パンによく使われる強力粉の糖質は100gあたり約70gほど。一方のブラン(今回使用したふすまパンミックスの場合)は約10.8gと約85%も糖質をカットすることができます

低カロリーで低糖質、栄養分も豊富なふすま。

じゃ、なぜ一般的に使われていないのかというと、その理由は味にあり。ぶっちゃけ美味しくないんです。その辺は後ほど詳しくまとめてます。

家でブランパンを焼く!用意したもの

家でブランパンを焼く!用意したもの
まずはホームベーカリー。自分でこねて発酵させてオーブン焼けばできるらしいんですが、ホームベーカリーだと材料入れてボタンを押すだけで全部やってくれます。

糖質制限パンとはこれから長い付き合いになっていくので、Amazonでも評判の良かった『パナソニックのホームベーカリー 1斤タイプ』を買いました。

ふすまパンミックスのラベルに、

コースが選べる機種では、早焼きコースをお選び下さい。

と書かれてるので、ホームベーカリーを購入する際は早焼きコースがあるものがいいかも。

といっても、最近のホームベーカリーはほぼ早焼きコースがついてるので、あまり心配はいらないと思います。


パナソニックのホームベーカリー 1斤タイプ
一つ前の型で色がレッドしか残ってませんでした。ま、そんなに悪い色じゃないので問題なしです。


パンスライサーとふすまパンミックスと大豆粉
あと買ったのは、ステンレスで丈夫で洗いやすい『パンスライサー 225mm』、強力粉に比べ糖質約84%OFFの『ふすまパンミックス』、低糖質の大豆粉パンも気になってたので『マルコメ ダイズラボ 大豆粉』も合わせて買っておきました。

大豆粉パンについてはまた後日ご紹介します。

そのほか、ドライイーストやバター、卵、ヨーグルトは事前に用意しておきました。

ブランパンのレシピ 1回目

ふすまパンミックスのレシピ
初めてのブランパンだったので、ふすまパンミックスのシールに書いてあるレシピを参考にしつつ、色々調べて入れるものを決めました。

第1回目のレシピ(1斤用)はこちら。

  1. ドライイースト 5g(糖質2g)
  2. ふすまパンミックス 200g(糖質21.6g)
  3. バター(有塩) 30g(糖質0.06g)
  4. 卵 1個(糖質0.2g)
  5. ヨーグルト 100g(糖質4.6g)
  6. 水 100g

これで糖質は28.46g。6枚切りにすると、1枚あたり4.7gとかなり低糖質なブランパンが出来上がります。

バターは事前にレンジで加熱して溶かしておく。

ヨーグルトはカスピ海ヨーグルトを使用。

入れる順番は番号の通り。

ホームベーカリーにドライイーストの投入口があるものでも先に入れておきます。早焼きコースで焼くので、生地全体に早めになじませて発酵時間を長くするためですね。

ブランパンを焼いてみた結果 1回目

上記レシピで初めて糖質制限パンを焼いてみました。

出来上がった糖質オフのブランパン
一見きれいに膨らんで焼けてると思って取り出してみると...


いびつな形の糖質制限パン
なんだこの形...。隕石かよ...


カットしたブランパン
カットしてみると、ローソンのブランパンと同じ色でした。


密度がすごいブランパン
ただ、密度がかなりすごいことになってます。高野豆腐のような感じ。

一口食べてみましたが、味はローソンのブランパンとほぼ同じ感じでまぁ問題なし。

ひどかったのが食感で、

カスカスのボッソボソで口の中の水分が全部持っていかれる感じ

でした。

コーヒーに浸したり、フレンチトーストにして食べてみましたが、底なしで水分を吸い込む感じで、どうやっても美味しくなりません。


カリカリに焼くとなんとか食べられました
色々試してみて、一番良かったのがトースターでカリカリに焼くこと。これだと表面がクッキーみたいな感じになるのでなんとか食べられるようになりました。

今回の失敗の原因は、強力粉などに比べて糖質が低い分、グルテンも少ないのであまり膨らまなかったんだと思います。あと、水の量や温度、粉の分量なども関係しているのかなと。

低糖質はうれしいんですが、このパンはもう2度と食べたくないものでした。

色々試す必要がありそうです。

最初に作った時の動画も編集したのでのっけておきます。

▼ ブランパン(ふすまパン)をホームベーカリーで焼いてみた結果(糖質制限ダイエット)

リベンジ!2回目は強力粉を加えてみて大正解!

1回目に焼いたパンが1週間ほどでなくなってきたので、2回目に挑戦しました。

前回は低糖質は良かったんですが、食べにくさこの上なかったので今度は強力粉を混ぜてみました。

2回目のレシピ(1斤用)がこちら。

  1. 卵 2個(糖質0.4g)
  2. ぬるま湯 55g
  3. 有塩バター 15g(糖質0.12g)
  4. クリームチーズ 30g(糖質0.93g)
  5. スキムミルク 12g(糖質7.4g)
  6. 強力粉 80g(糖質57.6g)
  7. ふすまパンミックス 100g(糖質10.8g)
  8. ドライイースト 5g(糖質2g)

合計糖質量は、79.25g。強力粉を多めに使ったので糖質量が増えちゃいました。

6枚切りで1枚あたり13.2g。8枚切りだと9.9gになります。これぐらいの糖質量が限界かなと。

入れる順番は番号の通り。バターとクリームチーズは事前にレンジで柔らかくしておきます。5〜7の粉類は、そのまま入れても事前に混ぜておいても構いません。

1回目とは違い、今回はドライイーストをホームベーカリーの投入口にセットして、こねた最後に混ざるようにしてみました。

その結果がこちら。

2回目 強力粉を混ぜて焼いてみた結果
左が1回目のもの。右が2回目です。

強力粉を入れたので、ふすま独特の茶色がちょっと薄くなってます。

前回は目が詰まりすぎてましたが、強力粉のおかげで食パンぽい感じに仕上がりました。

食べてみたところ、クリームチーズや卵を1こ追加したせいか、随分パサパサ感は解消されてます。あと、前回は感じなかった噛んだ後の甘みを感じることができました

普通にふすまの味はしますが、強力粉のおかげで美味しく感じます。これなら問題ないレベルです!

ただ、どうしても糖質が多いので、今度はグルテン粉や大豆粉を混ぜて、6枚切りで1枚あたり糖質10gを切るようなレシピを見つけてみたいと思います。

まだまだ目標体重までは長い道のりになりそうなので、しばらく糖質制限パンのお世話になる日が続きそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。