Apple共同設立者のウォズニアック絶賛の映画「スティーブ・ジョブズ」日本公開は2016年2月に決定

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • Apple

Apple共同設立者のウォズニアック絶賛の映画「スティーブ・ジョブズ」日本公開は2016年2月に決定

3本目のスティーブジョブズ映画は過去最高の出来かもしれない。

Appleの共同設立者の一人、もう一人のスティーブと呼ばれているスティーブ・ウォズニアック氏が、日本より先行して公開された映画を見て大絶賛したと話題になった「スティーブ・ジョブズ」。

日本での劇場公開の日程がようやく決まりました!

PR【期間限定!クーポンで15%OFF】服・シューズ・バッグ・時計ほかお買い得な割引キャンペーン開催中!商品ページに表示されたクーポンを適用するだけ。→詳しくはこちら 5/3 23:59まで
スポンサーリンク

新しく公開された日本語版の公式サイトによると、

『スティーブ・ジョブズ』(原題『Steve Jobs』)の日本公開が、この度、来年2016年2月に決定いたしました。


映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト

日本での公開は2016年2月に決定!です。

今回の原作は、約3年にわたるインタビューや取材をもとに書かれ、日本でも上下巻合わせ100万部を超えるベストセラーになった公認伝記「スティーブ・ジョブズ」。

その原作を、監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル、脚本は「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキン、そしてジョブズは「それでも夜は明ける」で高い演技力が世界中で評価されたマイケル・ファスベンダーが熱演しています。さらには、タイタニックのケイト・ウィンスレットも出演するなど、アカデミー賞の常連たちが集結した作品になっています。

ただ単に人生を追うだけの伝記映画とは一線を画す本作。特に印象的なのは、新作発表会でジョブズが人々の心をわし摑みにした伝説のプレゼンテーション〈直前40分の舞台裏〉を描いていること。それもジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品──1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つのフェーズ。そこには信念を貫き通す生き様と驚嘆のビジネスセンスがあり、誰の人生にもどんな仕事にも生かせるヒントが溢れています。 さらに娘リサとの確執と和解というプライベートにも真正面から切り込み、不器用すぎる親子愛が観る者の心を揺さぶります。

あぁ、これは見てみたい。

すでに全米の各有名誌も絶賛の嵐で、アカデミー賞候補になるかもしれませんね!


予告編やこれまで紹介したこのジョブズ映画のエントリーをまとめておきます。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。