自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Apple WatchのIPX7等級の耐水性能はプールの底に5分沈めても耐え抜くレベルだった

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • Apple Watch

Apple WatchのIPX7等級の耐水性能はプールの底に5分沈めても耐え抜くレベル

タイトルで言い切っちゃいましたが、Apple Watchの耐水性能(Appleは公式でApple Watchには防水性能はなく、あくまで耐水性能と言ってます)が結構すごいことがわかりました。

FoneFoxがApple Watchをつけたままシャワー、洗面器に沈める、プールに沈める、泳ぐ、といった耐水性能の実験動画を公開しています。

スポンサーリンク

約4分の映像です。

▼ Apple Watch Waterproof Test

すごいね、Apple Watch。

アップルの公式サイトには下記のような表記があります。

耐水性能


Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

IPX7等級の耐水性能ってどんなものかというと、

一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

電気機械器具の外郭による保護等級 - Wikipedia

一定水圧であれば内部に浸水することはないということは、ちょっと水で軽く流して洗うっていうぐらいならOKってことですかね。


あ、この動画を見て安心して、真似しちゃダメですよ。

アップルでは上記表記のようにApple Watchを水に浸すことは推奨してませんのでね。

試す際は、あくまで自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

Twitterで質問を受付中です!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。