自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

iPhoneでWebサイトのソースコードを確認する方法|iPhone Tips

iPhoneのSafariでソースコードを表示させる

iPhoneのSafariには、Webサイトのソースコードを見る標準機能がないので、Webサイトのソースコードを見たいときは、僕はこのブックマークレットを使って見るようにしています。

スポンサーリンク

使っているのは、Snoopyというブックマークレット。

以下、すべてiPhoneのみで完結する方法です。

1. まずはブックマークレットのコピーから

まずは、Snoopyのサイトからブックマークレットで使用するコードを取得します。

Snoopy | View-source bookmarklet for iPad, iPhone and other mobile devices

iPhoneで上記サイトにアクセスして、

snoopyでコードをコピー

ページ中程のコードをコピーしておきます。

2.Safariのブックマークに追加

後は上記コードを使ってブックマークレットを作ります。

ブックマークレットといってもただのお気に入りです。


どのページでもいいので、Safari下段に並んでいる矢印の付いた真ん中のアイコンをクリック。

ブックマークに追加

「ブックマーク」をクリックして、ブックマークを編集します。


ブックマークを編集

タイトルは適当にどうぞ。僕の場合は「Source code」にしておきました。

そしてその下の通常はURLが入る部分に、1でコピーしたコードをそのままペーストします。


これでブックマークレットの追加は完了。

3. 表示の確認

最後に表示の確認を行います。

ソースコードを確認したいページでブックマークを開き、先ほどのブックマークに追加した「Souce code」を選択します。


Snoopyが出てきた!

すると、画面左上に黒いウィンドウが表示されます。

小さいのでダブルタップして拡大してみると、そのページのソースに記載されている概要が表示されているのが分かります。


view sourceをタップ

「view source」をタップすると、そのページのソースコードを確認することができます。


iPhoneのSafariでソースコードを表示させる

コードも色分けされているので結構見やすいです。


iCloudでSafariも同期するように設定していれば、MacのSafariでも同じようにソースコードをブックマークレットからも確認できるようになります。

iPhoneでもソースコードを確認したい方は是非お試しを。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。