6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

au版「iPhone 5」の差別化ポイント

  • 更新:
  • 公開:2012.9.20
  • by
  • iPhone

au 3Gが下り最大9.2Mbpsへ

昨日、ソフトバンクもテザリングを2013年1月15日からサービス開始するという電撃ニュースの発表がありました。ソフトバンクからauへMNPを決めていた方はかなり悩んでいるんじゃないでしょうか。

auとソフトバンクによるiPhone発売前の熾烈な情報戦が繰り広げられていますが、後発のau版iPhoneに関する面白い記事があったのでご紹介。

au担当者のインタビューですので、もちろんau寄りの内容です。

スポンサーリンク

周波数に余裕のあるau

悔しさをバネに着実に、au版「iPhone 5」の差別化ポイント - ケータイ Watch はてなブックマーク - 悔しさをバネに着実に、au版「iPhone 5」の差別化ポイント - ケータイ Watch

auは2.1GHz帯において、まずは5MHz幅×2の帯域幅を利用して、下り最大37.5MbpsのLTEサービスをスタートする。その後順次、通信に余裕のある地域から10MHz幅×2、下り最大75MbpsのLTEサービスを展開させていく計画だ。

auのLTEサービスは、最初は最大37.5Mbpsでスタートし、順次75Mbpsへ展開していくらしい。

一方のソフトバンクは。

ソフトバンクは、3Gで使っている現行の2GHz帯の利用状況を見ながら、3Gの利用帯域を削ってLTEサービスへ移行しなければならない。

3Gの利用帯域を削って、その分をLTEに移行していくらしい。

テザリングについて

auの「4G LTE」は、1カ月あたり7GBのデータ通信を行うと、通信速度が128kbpsに制限される。1カ月あたり7GBという数字はあまりピンとこないところもあるが、auのスマートフォンユーザーのうち、3%程度が7GB以上のデータを利用するユーザーで、残りの97%のユーザーのデータ通信量は7GBに収まるという。

確かにそうかも。僕のiPhone 4Sも、10ヶ月で14GBしか3Gで通信してませんでした。

ちなみに、ソフトバンクも7GB制限は行うようです。

3Gのデータ&通話の同時通信はできない

LTEは技術的にデータ通信を行いながら、3Gの通話を行うといった使い方ができない。このためソフトバンク版の「iPhone 5」は、LTEのデータ通信を3Gに切り替え、データ通信と通話を3Gにした状態で同時通信を行うとKDDIは見ている。

au版とソフトバンク版との比較でよくでてくるのがこれ。

au版iPhone 5でも相変わらずデータと通話の同時通信はできないみたいですね。

まぁ、個人的にはまったく必要性を感じませんけど。

3Gが下り最大9.2Mbpsへ!3倍速くなる!

au版「iPhone 5」は、3Gの通信速度が従来の下り最大3.1Mbpsから、下り最大9.2Mbpsに拡張した。門脇氏は「iPhone 4Sでは体感上、ソフトバンク版とそれほど差はなかったと思うが、理論値ながら3.1Mbpsから9.2Mbpsに3倍になった。おそらく3Gの体感速度は我々の方が速くなるのではないか」と話す。

地味にこれが一番うれしいかも。

LTE対応地域はこれから拡大していくと思いますが、LTEがつながらない場所では3Gが生命線。

その3Gの速度が下り最大3.1Mbpsから9.2Mbpsへ、約3倍も速くなるのはいいですね。

au版「iPhone 5」のちょっとした変化

「iPhone 4Sでは、Wi-Fiのプロファイルをダウンロードして設定する必要があった。今回は工場出荷時にauのプロファイルが設定されている。ユーザーは手間なく簡単にWi-Fiが使えて、2.4GHzで同じことをするとネットワークが混雑しており、つかんだはいいが繋がらない状態になる。5GHzだからこそやっているし、できるだけ無線通信をオフロードしたいという思惑もある。アップル側でも優先で5GHzに接続する仕様になっている」

以前はつながらないのに勝手にWi-Fiに切り替わってイライラしたことがありますが、iPhone 5では5GHz帯に対応しているため、つながらないWi-Fiが減るってことでしょうか?

auさんへ。最後に一言。

いろいろと差別化ポイントはあるようですが、あとは実際に使ってみて満足のいくレベルなのか、4Sとはどう変わったのかを見極めていきたいと思います。

あ、最後に一言だけ。

auさん、新規やMNPのユーザーだけでなく、機種変更ユーザーのこともしっかりと考えてくださいね。4Sと今回の5まではガマンできますが、今後も同じように機種変更ユーザーのみの高い価格設定を続けていたら、いずれは顧客が逃げていきますよ〜。

新規やMNPユーザーも、いずれは機種変更するユーザーになるんですから。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。