本は、聴こう。
耳を使えば、読書はもっと自由になれる。→ Amazon Audible 無料体験記事はこちら

OS X Lion 復旧ディスクアシスタントがリリース

OS X Lion リカバリーディスクアシスタント

Lionが発売されてから早速ダウンロードしようとして、

イライラさせられたあの頃。

スポンサーリンク

イライラの内容についてはこちらをどうぞ。
Mac OS X Lionのダウンロードが遅すぎて激怒する前に進み具合を確認する

なんとか5時間かかってダウンロードが完了し、インストール時にはこちらのやり方でOS X Lionの起動ディスクを作成していました。


が、中には「そんなこと知らないぞ」という方もいらっしゃったわけで、そんな方のためにアップルからOS X Lionのサポートツール「OS X Lion 復旧ディスクアシスタント」がリリースされました。


これを使えば、Lionインストール後にMacに自動で作成されているLionの復元機能を、外部のUSBストレージ上に作ることができます。

万が一、内蔵HDDが突然クラッシュしたときにリカバリから起動し、ディスクユーティリティでディスクの修復を行ったり、Lionを再インストールしたり、Time Machineでバックアップから環境を復元したりすることができます。


ちなみに必要なUSBストレージは1GB以上の空きがあるもの。

復旧ディスクを作成すると元データは消去されますのでご注意を。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。