6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

iPadをひと足先に徹底検証 Mac People 2010年6月号

  • 更新:
  • 公開:2010.5. 4
  • by
  • Apple,
レビュープラス様より献本いただきました。ありがとうございます。


いよいよ5月10日から日本でもiPadの予約がスタート(発売は5月下旬)。買うかどうか迷っている方や、iPadって何なの?って方は、今号の巻頭特集1「触ってしまうとほしくなる!詳解 iPadライフ」を読めばきっと欲しくなること間違いなしです。

特集の1ページ目には、以下のようにiPadが実寸サイズで印刷されてます。次ページにあるiPhoneと比較すると、大きさがよ〜く分かります。

スポンサーリンク

iPad実物大サイズ
▲iPadの実寸サイズページ

このページはすごく分かりやすいねぇ。iPad全体の大きさ、9.7インチ液晶モニターの大きさがひと目で把握できます。

ハードウェア・システム関連・初期インストールされている各アプリの紹介に始まり、iPadをビジネスで使うためのiWorkのiPad版の紹介、iPadならではのアプリ紹介まで結構充実した内容になってます。

本書でも重点的に取り上げられてた電子書籍ビューアー『iBooks』。iPadのメインともいっていいアプリだけど、日本ではiPadが発売されても当面は利用できないのは非常に残念。iBook Storeの国内動向も不透明とのこと。

iPhone OS 4.0 ではiPhone上でもiBooksが利用可能になるので、それまでには何とか予定だけでも発表して欲しいものですね。まぁ、iPadを買うことは間違いないんですけど。


その他おもしろかった記事としては、飯吉透氏の「海の向こうで胸騒ぎII iPad for Education」。飯吉氏によると、iPadの直接触る感覚は実に教育的で、なおかつiPadは電子教科書普及のための起爆剤になるという。そういえば、2週間前ぐらいかな?ソフトバンクの孫社長もiPadを使った電子教科書の普及についてテレビで熱弁してたな。子どもたちがiPad(電子教科書端末)を持って学校に行くことが、ほんの近い将来には当たり前になっているんでしょうね。

あと、特集3の「マック疲れを癒す ヨガ講座」はパソコン雑誌っぽくなくてよかった。付録のDVDには解説ビデオも収録されているので、快適なデスクワークを送るために「ヨガ」を取り入れるのもおもしろそう。誌面でヨガポーズを披露しているモデルの中原歩さんも「ヨガを始めてから、疲れにくく仕事がはかどるようになりました」とおっしゃってますね。

それぞれのポーズについてオフィスでも出来るように、通常のマット上・イスを使ったものの2パターンで説明されてますので、今すぐ取りかかれるモノばかり。背骨の歪みや腰に痛みがある方は「体側を伸ばすポーズ」、ポッコリ出たおなかが気になる方は「賢者マリーチのポーズ」、猫背と背中やおしりの脂肪が気になる方は「ラクダのポーズ」ですよ!


さて、次号のマックピープルは、巻頭特集にまたまたiPadが登場するようです!特集名は「ついに日本上陸だ!! iPad×マック快適連携技」となってます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。