夜の回線速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)は速かった。
→ 通信速度制限を気にせずに自宅でガンガンインターネットを楽しんでます。

足の爪に化膿菌が入って膿むひょう疽には、化膿止めのテラマイシンが効きました

足の爪にばい菌が入って膿むひょう疽には、化膿止めのテラマイシンが効きました

先日公開した内出血した爪の再生までの道のり。そこでもちょっと紹介してる「ひょう疽の回復」についての詳細です。以下、僕の汚い足の画像が続きますので、興味がない方は今すぐおかえりくださいませ。

さて、ジョギング中の指先の圧迫で右足親指にできたひょう疽。ひょう疽(ひょうそ)とは、細菌感染症の一種で、爪囲炎(そういえん)、化膿性爪囲炎ともいうものです。黄色ブドウ球菌・A群連鎖球菌などの化膿菌によって炎症が起き化膿します。化膿菌にはそのほか、肺炎球菌・淋菌・チフス菌・緑膿菌・結核菌などもあります。

痛いなーと感じてから1週間。ふと指先を子供に踏まれて激痛が。靴下を脱いでみると上記写真のように爪の左側が赤く膨れてました。

スポンサーリンク

ドラッグストアで買える化膿止めテラマイシンを使う

テラマイシン
その時がちょうど年末で、近所の皮膚科は休み。かといって、休日在宅医のところに行くのも面倒だったので、いい薬がないかと色々調べてドラッグストアで買える最強の化膿止め『テラマイシン』を試してみました。


テラマイシンの効能用法
効能・効果】化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
用法・用量】1日1〜数回、適量を患部に塗布するかガーゼなどにのばして貼付する。
成分・分量(1g中)】オキシテトラサイクリン塩酸塩30mg(力価)、ポリミキシンB硫酸塩10,000単位 添加物として白色ワセリン、流動パラフィンを含有します。


テラマイシンの商品本体
商品本体。これで6gです。ドラッグストアで700円ちょっと。Amazonで買う方が安いですね。


テラマイシン 黄色の塗り薬
黄色の塗り薬です。


テラマイシンをたっぷり塗る
このあと絆創膏を貼るので、たっぷり塗ります。


絆創膏で保護
自宅にガーゼがなかったんで、テラマイシンがとれないように絆創膏で保護しておきました。

それから一晩放置。

一晩経過した化膿した指先
ふくらみがさらにちょっと大きくなってました。あと、爪に近い内側がちょっと白っぽくなってます。ここに膿が溜まってるんです


一晩で皮膚が柔くなった
一晩放置したおかげで、古い皮膚が浮き上がってきました。

消毒した針で白い部分をちょっと刺してみたら…。

膿が出てきた指先
白い膿が出てきました。ちょっと痛いですが、膨れてる部分を圧迫してさらに膿を出しておきました。

大部分の膿が出たので、もうこの時点で指先の痛みは大幅に減ってました。

その後、またテラマイシンを塗って絆創膏で保護。翌日には8割ほど回復してました。あとは絆創膏はずしてちょっとだけテラマイシンを塗って終わり。

ジョギングやランニングやってると、指先を圧迫することが多いのでひょう疽になることが多々あります。つい先日も、ジョギング後にちょっと痛みがあったので予防も兼ねてテラマイシンを塗ったら、化膿することもなく翌日には痛みが引いてました。

テラマイシンすごい。うちの常備薬の1つとしてこれからも活躍してくれそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。