夜の回線速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)は速かった。
→ 通信速度制限を気にせずに自宅でガンガンインターネットを楽しんでます。

エアコン室外機のホーステープがボロボロになったらこれ。安くて手軽に補修できる粘着テープ【レビュー】

エアコン室外機のホーステープがボロボロになったらこれ。安くて手軽に補修できる粘着テープ【レビュー】

昨年の暮れの大掃除。ふとエアコン室外機のホースを見てみると、巻いてある粘着テープがボロボロになってました。エアコン設置してからから9年ちょっと。直射日光などでこんなに劣化するんですね。

このまま放置しておくと、ホース本体も劣化してボロボロになりそうだったので、早速専用の粘着テープ『因幡電工 粘着テープ 薄厚タイプ 50mm×20m』を買って巻き直してみました。

スポンサーリンク

ボロボロになったエアコン室外機のホーステープ

ボロボロになったエアコン室外機のホーステープ
見事にボロボロになったホースに巻き付けられてたテープ。上から下まで全部ボロボロ。


剥がれた粘着テープたち
粘着性も無くなって、もう使い物にならないを全部剥がします。


張り替える前にお掃除
張り替える前にきれいにしておきます。

程よい粘着性の巻きやすい粘着テープ

エアコンホース用の粘着テープ
因幡電工の粘着テープ。50mm幅で20m分。


因幡電工の粘着テープ
剥がれたテープと色や幅も同じだったので、おそらく同じものだと思います。


一般的なビニールテープと同じような質感
一般的なビニールテープと同じような質感です。適度な粘着性があり、ある程度伸びます。


上から全部巻き直し
ホースの上から全部、巻きなおします。


下まで全部巻きなおす
高いところや低いところはちょっと巻きにくかったです。業者さんよりは圧倒的に下手ですが、ほぼ満足のいく仕上がりになりました。

まとめ

作業自体は10分ほどで終了しました。

エアコンの室外機って、あんまりしっかり見ることがないので見落としがち。現にこんなにボロボロになってるのに全然気がつきませんでした。これ以上劣化すると、ホース自体にも影響が出てくるので気がついたらすぐ巻き直すのが良さそうです。

これであと10年は持つな。まだテープは半分以上残っているので、他の室外機のホースにも使えます。50mm幅で20m分だと、2m程度のホースなら、ちょうど2台分の補修に使える分量です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。