iPhoneを新品交換できるエクスプレス交換サービス使ってみた。メリットデメリット、費用や流れ、まとめ

  • 更新:
  • 公開:2017.12. 1
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhoneを新品交換できるエクスプレス交換サービス使ってみた。メリットデメリット、費用や流れ、まとめ

購入2日後にガラスが割れたうちのiPhone X

購入後30日以内だったのでAppleCare+に加入し、ガラス交換修理をしようとサポートに電話してみました。すると、画面損傷の対応は九州ではまだ部品が供給できておらず、Apple正規サービスプロバイダでも受け付けできないとのこと(2017年11月19日ごろのお話)。iPhone 8の時も、ガラス修理の対応ができるようになったのは発売から1ヶ月後ぐらいからだったらしく、iPhone Xに関しても同じくらいみといてほしいということでした。東京などに送る配送修理もできましたが、手元にiPhoneがなくなると困るので、それは断念。

というわけで、ガラスが割れた状態で1ヶ月も使い続けるのが嫌だったので、ちょっと費用は高くなりますが新品を自宅まで届けて故障品と交換できるエクスプレス交換サービスを利用することにしました。

初めて使ってみたので、今後利用する方のためにメリットやデメリットかかった費用申し込みの流れをまとめておきます。

結論から言うと、AppleCare+に入ったのは正解!スピーディな対応でエクスプレス交換サービスはいい!とですよ。

スポンサーリンク

エクスプレス交換サービス メリット

エクスプレス交換サービスのメリットは、何と言ってもスピードです。

Apple公式サイトを見てみると…

エクスプレス交換サービスは AppleCare+ の特典の一つです。新品または新品同様の iPhone を宅配便でいち早くお届けし、その場でお客様の iPhone と交換させていただく便利なサービスです。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート

わざわざ店頭に行かなくても、自宅で新品に交換できる便利なサービスです。

  • ガラスが割れたiPhone。そのまま使いたいけどヒビが怖い。早く修理したい。
  • 早く修理したいけど近くにAppleStoreがない。
  • 近くにApple正規サービスプロバイダもない。
  • 配送修理は無理。手元にiPhoneがなくなるのは困る

と言う時に便利なのがエクスプレス交換サービスです。

とにかくスピーディにiPhoneを新品と交換できるのが、一番のメリットです。

エクスプレス交換サービス デメリット

AppleCare+に加入している場合の修理料金がこちら。

モデル画面の損傷のみその他の損傷
全モデル3,672円12,744円

画面の損傷だけだと、税込3,672円で修理できます。

これがエクスプレス交換サービスだと、

モデルAppleCare+ サービス料保証対象外修理サービス料金
iPhone X12,744円65,664円
iPhone 8 Plus12,744円47,304円
iPhone 812,744円41,904円
iPhone 7 Plus12,744円41,904円
iPhone 712,744円38,664円
iPhone 6s Plus12,744円39,744円
iPhone 6s12,744円36,504円
iPhone 6 Plus12,744円39,744円
iPhone 612,744円36,504円
iPhone SE、5s、5c、512,744円33,264円
iPhone 4s24,624円24,624円

iPhone XからiPhone SE、5s、5c、5までは同一料金の12,744円がかかります。画面修理よりも9,072円高くなります。デメリットはこの価格差ですね。

ただ、サポートの方に話を聞くと、画面が割れた場合、ガラスだけ交換する方もいれば、本体ごと交換する方もいるようです。ガラスが割れた状況によっては、高いところから落として内部に何かしらの影響が出ている可能性もあるわけです。もしかしたらどこかに影響があるかも?と不安になりながら使うよりは、新品に交換すれば安心だという考え方ですね。

ちなみに、上記「保証対象外修理サービス料金」というのは、AppleCare+に入っていない場合にエクスプレス交換サービスを利用する費用です。iPhone Xだと、65,664円もかかっちゃいます(汗)。

費用

エクスプレス交換サービスを利用する際に発生する費用は、上記の「AppleCare+ サービス料」のみです。(AppleCare+への加入は別途費用が必要)

ただ、下記でも説明しますが、エクスプレス交換サービスを利用するにはクレジットカートが必要です。というのも、エクスプレス交換サービスは交換を前提としたサービス。新品を送ったけど不具合品が返送されない場合のために、クレジットカードで承認枠を仮確保されます。

この承認枠は交換品がちゃんとAppleに届き、保証対象であると判断された場合に解除されます。

ちなみに、AppleCare+に未加入の場合は、上記「保証対象外修理サービス料金」とは別に3,564円(税込)が必要です。

申し込みの流れ

申し込みは以下流れで進みます。

  1. エクスプレス交換サービスの内容を熟読
  2. サポートに電話
  3. 本人確認と故障の状況を説明
  4. 支払い入力画面へのリンクをメールでもらう
  5. 支払い情報を入力する
  6. 手続き完了
  7. 交換品が送られてきたら、壊れたiPhoneと交換する

まずは、AppleのWebサイトでエクスプレス交換サービスの内容を熟読します。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート

内容を把握したら、ページ内にある「エクスプレス交換サービスを申し込む」をクリック。エクスプレス交換サービスは電話でしか申し込みできません。Appleサポートの各国の電話番号が表示されるので、日本の番号に電話しました。平日は午前9時から午後9時、土日祝日は午前9時から午後6時まで。

本人確認と故障の状況を詳しく説明します。サポートの担当者によっては、色々とアドバイスしてくれる方もいるので、その時に、何か分からないことがあればどんどん質問します。

エクスプレス交換サービスについて説明を受けて依頼することが決まったら、次は支払い情報の入力です。担当者に希望のメールアドレスを伝えると、以下のようなメールが送られてきます。

支払い情報を入力するメール
「支払う」をクリックすると、「サポートおよびサポートのお支払い」ページが表示されます。


サービスおよびサポートのお支払い
料金を確認し「続ける」をクリックして支払いの手続きを進めます。


エクスプレス交換サービスの支払い情報入力
「利用規約」を確認したら、最後の「お支払い」です。

iPhone Xの「AppleCare+ サービス料」と、不具合品が返送されない場合の承認枠の金額が表示されます。今回はiPhone Xの256GBなので新品の価格「140,184円」が「人質」として抑えられました。

10営業日以内に不具合品がAppleに届き、かつ、保証対象であると判断された場合、この承認枠は解除されます(承認取り消し)。

「お支払いを行う」をクリックすれば修理依頼は完了です。

申し込みから3日後に新品が届く

エクスプレス交換サービスは、申し込みが完了してから原則3日以内に交換品が送られてきます。(※発売直後や供給が追いついていない場合は、1週間から10日ほど待たされることがあるとのこと)

うちのiPhone Xも、11月20日の夕方に申し込みが完了。3日後の11月23日の午前中には届きました。速い!

宅配業者の方が持ってきた箱を受け取り、中身を取り出します。その箱の中に壊れたiPhoneを入れてドライバーさんに渡すだけ。iPhoneは購入時の箱に入れる必要もなく、付属品も必要なし。カバーや保護シールなども全部はがして、裸の状態で渡せばOKです。(画面がバキバキに割れてて、保護ガラスが剥がせないなどの場合はそのままでもいいみたい。サポートの方に聞いてみてください。)

エクスプレス交換サービスで送られてきたもの
送られてきたもの一式。左から新品のiPhoneが入った箱。SIM取り出しツールがついた説明書。「在宅事故交換修理サービスのご案内」A4が1枚。


エクスプレス交換サービスの箱
真っ白なシンプルな箱。止めてあるシールにシリアルナンバーなどのバーコードが記載されてました。ちなみに、エクスプレス交換サービスだとiPhoneのシリアルナンバーは変わりますが、AppleCare+サポート期間もちゃんと引き継がれます。


新品のiPhone Xとご対面
あー、新品のiPhone Xが届いた〜。うれし〜。


当然ながらピッカピカのiPhone X
当然ながらピッカピカのiPhone X。これでiPhone Xの新品開封は2度目。3度目がないことを祈るのみ。


バックアップから復元する
あとはバックアップから復元すれば終了。元のiPhone Xが蘇る!!!


エクスプレス交換サービス 修理状況
エクスプレス交換サービスでは、修理状況をホームページで確認することができます。発送されたらメールも届くし、配送業者のトラッキング番号もあるので、安心して待てました。

ドライバーさんに返却したiPhoneは、5日後にAppleで受領が確認されて、手続きは無事終了しました。送ったiPhoneに過失や事故による損傷、または不正な改造が見つかった場合は、機器交換価格が請求されるのでご注意を。

まとめ 忘れずにやっておくこと

最後に、忘れずにやっておくことも書いておきます(申し込むときに担当の方が丁寧に教えてくれると思いますが)

まずは、iPhoneのバックアップ。iCloudにバックアップしてもいいし、iTunesでバックアップしてもいいです。兎にも角にも、必ずバックアップしておいてください。次に、iPhoneを探すをオフに。これは電話で申し込みする時に担当者の方がその場でオフにするように指示されるので忘れることはないかなと。あとはドライバーさんに渡す時に、必ずSIMカードを抜いておくこと。この3つは絶対忘れずに。


画面が割れてから約10日で、iPhone Xが蘇りました。

AppleCare+ に入ったおかげで、未加入時と比較して約半額で新品に交換することができました。まさかiPhoneのガラスが割れるなんて想像もしてなかったので、割れた当初はかなり凹みました。エクスプレス交換サービスのおかげで、そのショックもだいぶ薄れてきました。

入ってよかったAppleCare+。やってよかったエクスプレス交換サービス。

AppleCare+は、購入後30日までなら入れます。心配な方は、入ってた方が安心ですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。