最後の一滴まで使い切る!シャンプーの詰め替えパックをそのまま使える『詰め替えそのまま』シリーズ

  • 更新:
  • 公開:2017.11. 6
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

最後の一滴まで使い切る!シャンプーの詰め替えパックをそのまま使える『詰め替えそのまま』

詰め替え用をそのまま!シャンプーボトルいらずで浴室スッキリ!

これからのシャンプー・リンス・ボディソープの新スタイルになるかも。もうボトルを買う必要はありません。安い詰め替え用の容器を、そのままボトルのようにして使えるのがSankiの『詰め替えそのまま』です。「スタンダード」と「ミニ」シリーズがありますが(違いは以下に記載)、使い勝手はほぼ同じです。

  • ボトルの底のヌメリが気になる
  • シャンプーを最後の一滴まで使い切りたい
  • 汚いお風呂は嫌だ
  • お風呂掃除したくない
  • ごちゃごちゃはいや!お風呂はスッキリ使いたい!

という方のために開発されたバスグッズです。

スポンサーリンク

詰め替えそのまま 商品紹介映像

どういうものか知りたい方は、まずはこちらの紹介動画をどうぞ。

30秒の映像です。

▼ 詰め替えそのままmini 30秒CM

詰め替え用の容器にポンプとホルダーをつける。あとはセットについてるアームまたは浴室内のタオルかけなどに引っ掛けるだけ、という簡単設計です。

これだけで、浴室内をスッキリ、ちょっとオシャレな空間にできますね。

詰め替えそのまま 商品の特徴

詰め替えそのまま 商品の特徴

「詰め替えそのまま」の主な商品特徴はこちら。

  • 詰め替えが不要。ボトルも不要です。
  • 常に下を向いてるから、最後の一滴まで使い切れる
  • 容器ごと交換できるから、ヌメリやカビが発生しにくい
  • 片手でプニュっと簡単に抽出できる
  • ボトルの余計なゴミが発生しないから環境にも優しい

詰め替え作業って意外と面倒なんですよね。うまく入らなくてこぼれたり、中身を一滴も残らずボトルに移すのは至難の技です。

あと、ボトルだと掃除をしないと底にヌメリやカビが発生しやすいんですよね。浴室を綺麗に保てるのはうれしい。

スタンダードとミニの違い

「詰め替えそのまま」には、スタンダードとミニがあります。

Amazonでも価格が安いミニがベストセラーになってますが、明確に何が違うのか分からなくてミニを購入してる方もいるかもしれないので、ふたつの違いをまとめておきます。

  • ミニは、スタンダードより一回り小さい。
  • 1回プニュの抽出量が違う。ミニは約3ml、スタンダードは約6ml。
  • ホルダーは、スタンダードがスライド式。ミニはパックの端を差し込む方式。スタンダードの方が付けやすい。
  • ポンプは、スタンダードは2つのパーツが脱着可能。どちらかが壊れても部分購入可能。ミニは一体型。

あと、スタンダードの方がポンプ部が大きいので、小さい子供でも押しやすい設計になってます。

小さいお子さんがいるご家庭はスタンダード、大人だけのご家庭はミニという感じですかね。

あと、たくさんシャンプー・リンス・ボディソープを使うならスタンダード、少しずつ使うならミニという選び方もあります。

うちは、幼稚園年長の息子がいるのでスタンダードかな。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。