iPhone X への機種変更でやったこと10個まとめ iOSのバージョン違いとLINEに注意

  • 更新:
  • 公開:2017.11.18
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhone X への機種変更でやったこと10個まとめ iOSのバージョン違いとLINEに注意

2017年11月10日に届いたiPhone X。

iPhone 7 Plusの環境をXに移行したんですが、その時にやったこと&注意点をまとめておきます。

本当はもっと早くまとめたかったんですが、購入2日後にガラスが割れるというショックな出来事が発生したので、エントリーを書くのが遅くなりました。約1週間ほど経って、ようやく心の傷も癒されてきました…。ふぅ。

去年、iPhone 6 Plusから7 Plusへ機種変更した時にまとめた記事(→ 【2016年版】iPhoneを機種変更する前に、必ずやったほうがいい8つのこと)をベースにしつつ、今回気づいたことを追記してます。

2017年版、iPhoneを機種変更する前にやったことがいいこと10個です。

スポンサーリンク

1. LINEのトークをバックアップする

LINEのトークをバックアップする
LINEを連絡の主な手段としてるなら、これは必ずやったほうがいいです。昨年とやり方はほとんど変わってません。

LINEの「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」で、「今すぐバックアップ」を押してトークをバックアップします。バックアップはiCloudに保存されます。これやっておかないと機種変更時にトークが全て無くなるので、お忘れなく。

2. LINEのアカウントを引き継ぐ

LINE アカウント引き継ぎ設定
これも昨年と同様、公式ページを参考にやりました。

【2016年最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

今年はauから格安SIMのmineoに移行しまた。LINEの登録メールアドレスをキャリアの@ezweb.ne.jpにしてたので、事前にメールアドレスを変更しておきました。アカウントを引き継ぐ際には、パスワードの入力が必要なのでそれもちゃんと確認しておきました。

トークのバックアップは、アカウントの引き継ぎ時にバックアップから復元できるので、比較的スムーズに移行できました。

3. Googleの2段階認証は特に変わったことする必要なし

Googleの2段階認証を移行しておく
今年からGoogleの2段階認証をオンにしました。いろんな過去記事を読んでると、Authenticator(認証システム)も機種変更時に移行しなきゃいけないと書かれてました。面倒だなと思ってましたが、今回の移行時には特にすることがありませんでした。

認証システムを新端末に移行しなくても、SNSでセキュリティコードが送られてきて普通にログインできました。拍子抜けでした。

その他、Appleの2ファクタ認証やAmazonの2段階認証も問題なしでした。

4. Apple Watchとのペアリングを解除する

iPhoneが変わるので、Apple Watchのペアリングを解除しておきます。

Apple Watchとのペアリングを解除する
これは昨年同様です。7 Plusとのペアリングを解除して、iPhone Xでペアリングするだけです。

5. iPhoneを探すをオフにする

iCloudの設定にある「iPhoneを探す」をオフにします。

iPhoneを探すをオフにする
オフにしておかないと以前のiPhoneのデータから復元できないので、これも事前にやっておきます。

6. iCloudからサインアウトする

iCloudからサインアウトする
もう自分で使うことがないならサインアウトしておきます。

7. iPhone初期化 すべてのコンテンツと設定を消去する

iPhone初期化 すべてのコンテンツと設定を消去する
iPhoneのすべてのコンテンツと設定を消去して、工場出荷時の状態に戻します。これも、iCloudからサインアウトするのと同様、他人に譲る、お店に売る、など、もう自分で使わないならやっておきます。

8. SIMカードはiPhone Xに差替え

SIMカードはiPhone Xに差替え
今年はApple StoreでSIMフリーのiPhone Xを買いました。

auの時はキャリアのスタッフさんに任せてましたが、今回は自分でSIMカードを差し替えます。iPhoneの箱に同梱されてるクリップのようなSIM取り出しツールを使ってやれば簡単です。

9. 各キャリアのプロファイルをインストールする

mineoのプロファイルをインストールする
モバイルインターネットに接続するために、各キャリアのプロファイルをダウンロードします。

僕はmineoを使っているので、mineoのサイトからプロファイルをダウンロードしてインストール。モバイルデータ通信ができていることを確認して完了です。

10. バックアップのiOSバージョンに注意

バックアップのiOSバージョンに注意
上記1〜9をやる前にやっておくのがバックアップからのデータ移行。

僕はiTunesのバックアップから毎回復元させてます。今回もいつも通り、iTunesにつなげてバックアプから復元させようとすると…

バックアップから復元ができないエラー
「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“iPhone 7 Plus”はこのiPhoneの復元には利用できません」というエラーが表示されました。

要は、新しいiPhoneのiOSがバックアップのiOSより古いからバックアップには使えないよ、ということです。この時の、それぞれのiOSバージョンは以下の通りでした。

  • バックアップしたiPhone 7 Plusのデータ・・・iOS 11.1
  • 移行先のiPhone X・・・iOS 11.0.1

そのため、iPhone Xを一旦その当時の最新版iOS 11.1.1にアップデートしたら、無事にバックアップから復元ができました。

まとめ

【2016年版】iPhoneを機種変更する前に、必ずやったほうがいい8つのことを見ながら作業できたので、今回はかなりラクに移行作業ができました。

今回は僕のiPhone Xだけじゃなく、妻のiPhone 5sを僕のおさがりの7 Plusに移行しました。LINEの移行が特にハラハラでした。僕はそこまで使ってないんですが、妻はほぼ毎日LINEでやり取りしてるので、トークのバックアップと復元には一番気を使います。

妻の5sのバッテリーが完全にダメになる直前だったので、これでようやく一安心です。

あとは割れたiPhone Xのガラス修理が済めば、完全復活です。ふぅ〜。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。