初めてのノイズキャンセリングヘッドホン!これ、電源オフでもノイキャンが効くんです。

  • 更新:
  • 公開:2017.11. 1
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

初めてのノイズキャンセリングヘッドホン!これ、電源オフでもノイキャンが効くんです。

人生で初めて!ノイズキャンセリングヘッドフォンを使ってみました。

購入したのは『August 超軽量 ワイヤレスヘッドホン EP735』。あまり聞かないメーカーですが、先日レビューした「Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター」がとても使い勝手が良く、同じメーカーだと同時購入で割引があったので使ってみました。初めてのノイズキャンセリングヘッドフォンとしては手頃な値段なので、初心者にはこれぐらいが買いやすい価格帯かなと。

見た目もカッコいいですが、まずは特徴からどうぞ。安いけどかなり使えるヘッドホンですよ。

スポンサーリンク

August ノイズキャンセリングヘッドフォン 特徴

August Bluetooth ノイズキャンセリングヘッドフォン 特徴
August Bluetooth ノイズキャンセリングヘッドフォンの主な特徴はこちら。

  • Bluetooth接続でaptX対応。遅延無しで音楽を楽しめる。
  • 優れたノイズキャンセリング機能搭載。乗り物の騒音、エアコンの送風音、スポーツや人が多く集まった場所の喧騒など20デシベル以下の気になる細かい雑音を低減する。
  • 大口径40mm径ダイナミックユニットを採用。より低音に気を配ったサウンドデザイン。迫力と雰囲気で流す低音だけでなく、ボーカルも明瞭に。
  • マイク内蔵でハンズフリー通話も可能。
  • ワイヤレスの場合は18時間、ノイズキャンセリング機能ONの場合は約11.5時間連続通話や音楽再生が可能。
  • 3.5mm端子のAUX INジャックを搭載。Bluetoothが使えない環境や電池が消耗した場合などでも、付属のケーブルを接続すれば通常の有線接続ヘッドホンとして使用できる。
  • 耳を全部覆ってくれる密閉型。長時間使用でも疲れにくい、ソフトなイヤーパッドと、160gの軽量ボディもポイント。

実際に使った感想

実際に使ってみましたが、音に関しては低音の重厚感と高音の抜けがちょっと弱いように感じますが、この価格帯なら何の問題もないレベル。

驚いたのがノイズキャンセリング機能。周囲の生活音が見事に軽減されてます。自宅で音楽を止めて数時間使ってみましたが、ガムを噛む時のクチャクチャする音が半分ぐらいに減ったのにまず驚き。キーボードを叩く音とか、マウスのカチカチ音、そのほか、人が廊下を歩く音やドアの開閉音など、集中したいときにちょっと耳障りだなと感じてた音が軽減されるのには感動しました。

周囲の音がかき消されるので、これまでは大きめの音量で使ってましたが、ちょっとボリュームを下げても快適に音楽を楽しめます。ノイズキャンセリングって、いいですね。もっと早く買えばよかった。

掛け心地もいいし、イヤーパッドも適度なやわさなので、数時間使ってても快適です。ただ、密閉型なので夏場はちょっと蒸れるかも。冬はポカポカしてあったかいです。

集中したいときに手放せなくなりそうです。

あと、このヘッドホン。電源をオフにしてもノイズキャンセリングのランプが消えないんです。最初、意味がわからなかったんですが、航空機内用変換プラグが付属してることを考えると、電波の問題でBluetoothが使えない環境(飛行機内など)でもノイキャンを使えるように設計されてるってことだと思います。3.5mmオーディオケーブルを使えば、ノイキャンが使える普通のヘッドホンとして使えるのもよく考え込まれてます。

商品写真レビュー

箱を開けると説明書と収納バッグが
箱を開けると説明書と収納バッグが入ってました。説明書は英語・中国語・日本語の3ヶ国語になってます。細かく説明が書かれてるので、安心して使えます。


真っ黒な収納バッグ
しっかりした収納バッグに入ってました。


フックなどに引っ掛けるためのタグとしっかりしたファスナーです。
フックなどに引っ掛けるためのタグとしっかりしたファスナーが付いてました。


収納バッグの中には、ヘッドホン本体とミニポーチが入ってました。
収納バッグの中には、ヘッドホン本体とミニポーチがキレイに梱包されてました。


ミニポーチの写真
これがミニポーチ。


ミニポーチにはマジックテープ
ミニポーチの片面はマジックテープになってます。強度は結構強めです。


同梱されてたケーブル類
入ってたのはこの3つ。左から「航空機内用変換プラグ」「USB充電ケーブル」「3.5mmオーディオケーブル」です。

「航空機内用変換プラグ」は初めてみました。他のイヤホンでも使えますね。


イヤーパッドのヒンジ
イヤー部分は約90度回転する設計になってます。パタンと折りたたむことも可能。


いやー部分を90度回転させる
イヤー部分を90度回転させるとこうなります。


スライダーを伸ばせばコンパクトに折りたためる
スライダーを伸ばせば、ここまでコンパクトに折りたためます。机の上に置く場合も、場所をとりません。


上品な合皮製のヘッドバンド
上品な合皮製のヘッドバンド。サラサラな触り心地です。


イヤーパッド部分
イヤーパッド部分にもサラサラな合皮が使われてます。皮脂がついてもサッと拭けばキレイになります。いい感じです。


コントロールボタン
右のハウジング部分の中央に電源オンオフボタン。左右には、次の曲前の曲、音量の上げ下げ、のボタン。一番下がノイズキャンセリングのオンオフボタンです。

ペアリングする時は、電源ボタンを15秒長押しすると自動的に接続モードに入って機器を捜します。一度ペアリングが完了してるものは、次回から電源オンで自動的に接続されます。購入当初は、Bluetooth接続のトラブルを心配してましたが、あっけなく使えてるので拍子抜け。よしよし。


充電端子とヘッドフォン端子
充電用のマイクロUSB端子と、3.5mmオーディオケーブルの端子です。

まとめ

初めてのノイズキャンセリングヘッドホン。使う前はそんなに期待してませんでしたが、予想以上に周囲の雑音を消し去ってくれることに驚かされました。

普段は音楽を聴くために使ってますが、集中したい時は音楽を止めてノイズキャンセリングをオンだけにして使うようにしてます。キーボードのスコスコ音やカタカタ音、マウスのカチカチ音、ガムを食べるくちゃくちゃ音、周囲のざわつきなどなど、あらゆる雑音を軽減してくれるのはとてもありがたい。

このヘッドホンを使いまくったら、ワンステップ上のノイキャンを試してみたくなりました♪

ノイキャンヘッドフォンを使ったことがない方、ぜひ一度お試しください。いいですよー。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。