通勤途中にごはんが炊ける!炊きたてを外出先で食べられる『ごはんが炊ける弁当箱』が超便利。

  • 更新:
  • 公開:2017.10.20
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

通勤途中にごはんが炊ける!炊きたてを外出先で食べられる『ごはんが炊ける弁当箱』が超便利。

お弁当のカチコチご飯よ、さようなら。

職場で食べるお弁当。冷えたカチコチのご飯じゃ、美味しさ半減。午後の仕事へのモチベーションも上がらない。そんな時に使いたいのが、『サーモス ごはんが炊ける弁当箱 約0.7合』です。

これ、出かける前に家のレンジでチンしておけば、通勤途中にご飯が炊き上がるという超便利な優れもの。

スポンサーリンク

通勤途中にご飯が炊けるお弁当箱

どういう弁当箱か気になる方は、まずはサーモス公式の紹介動画をどうぞ。

約1分30秒の映像です。

▼【公式】ごはんが炊けるお弁当箱 ご紹介(JBS-360)

炊飯パーツとごはん容器と保温ケース
ごはん容器に炊飯パーツと保温ケースが付属。

炊きたてのご飯をお弁当の時に食べられます。
炊きたてのご飯をお弁当で手軽に食べられます。

ご飯が炊ける弁当箱の使い方

使い方も簡単。

ちなみに、加熱前に20〜30分ほどお米を浸水するとより美味しく炊けます。

  1. 米をごはん容器本体の米ラインまで入れて洗う
  2. 米 + 水ラインまで水を入れて炊飯パーツを取り付ける
  3. 500Wの電子レンジで8分加熱
  4. やけどしないように保温ケースに入れ、炊飯パーツをごはん容器フタに付け替える(熱を逃がさないように素早く移し替えるのがポイント)
  5. 30分保温したらできあがり

保温効力は、保温ケースのみの場合/54度以上が6時間。保温ケースを専用ポーチに入れた場合は57度以上を保てます。

お米をご飯容器に入れる
お米をご飯容器に入れる。


レンジでチン
500Wの電子レンジで8分チン。


炊飯パーツをごはん容器フタに付け替える
炊飯パーツをごはん容器フタに付け替える。


保温ケースに入れて30分放置すればできあがり
保温ケースに入れて30分放置すればできあがり。


0.7合のご飯を手軽に炊くことができます。

お弁当だけでなく、一人暮らしの方の炊飯器代わりにも使えますね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。