SafariやChromeで強制再読み込み(スーパーリロード)する方法 情報が更新されない時のために。

  • 更新:
  • 公開:2017.10.31
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

Safariで強制再読み込み(スーパーリロード)する方法

ホームページの画像やテキストを修正や更新をした時、通常ならブラウザの更新ボタンを押せば情報は新しくなります。キーボードショートカットなら「 Command + r 」ですね。Windowsなら「 Ctrl + r 」または「F5」です。

ただ、たまーにこの方法で情報が更新されない時があります。特にCSSを更新したとき。

そんな時は、ブラウウザのキャッシュを無視して強制的にサーバーからページに関する情報をダウンロードする「強制再読み込み(スーパーリロード)」が便利です。

スポンサーリンク

以下、macOS High Sierra 10.13で確認済みです。

Google Chrome で強制再読み込みする方法

まずは、僕がメインで使ってるGoogle Chromeの強制読み込み方法。

ショートカットで、

Command + Shift + r

を押せばOKです。

または、

Shift を押しながら更新ボタンをクリック

でも可能です。

Safariで強制再読み込みする方法

次にSafariの方法。

SafariでChromeと同じ「Command + Shift + r」を押すと、画像と文章のみのリーダー表示になるので使えません。

Safariの場合、

Shift を押しながら更新ボタンをクリック

で強制再読み込みが使えます。

そのほかのブラウザ

この2つ以外のブラウザはほとんど使ってませんが、一応方法を書いておきます。

FirefoxやOperaも、「Shift を押しながら更新ボタン」でOKです。

WindowsのIEなら、「Ctrl + 更新ボタン」または「Ctrl + F5」ですね。

まとめ

更新してるにも関わらず、情報が変わらない場合に是非お試し下さい。

特にWeb制作関連に携わってるなら知っておいて損はありません。

覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。