機能追加でより便利に!iOS11で使いやすくなったコントロールセンターのカスタマイズ方法

モリモリ追加でもっと使い勝手向上!iOS11で使いやすくなったコントロールセンターのカスタマイズ方法

iOS11になってから、見た目もシンプルになってコントロールセンターがより使いやすくなりました。画面の明るさや音量が直感的に操作できるようになり、アイコンを3Dタッチすれば、より細かな設定が可能です。

また、機能もカスタマイズできるようになったのも良いですねー。使いそうなものを全部追加したらかなり使い勝手が良くなったので、僕が設定してるコントロールセンターの機能とカスタマイズ方法をまとめておきます。

まだコントロールセンターをカスタマイズしたことがない方は是非どうぞ。

スポンサーリンク

コントロールセンターのカスタマイズ方法

コントロールセンターのカスタマイズ方法
コントロールセンターの項目を変更するには、「設定」アプリ→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」へ移動します。すると、上記画面右のようにデフォルトで設定されてる「フラッシュライト」「計算機」「カメラ」「アラーム」の他に、10個以上の追加項目が表示されます。

この中から自分が使いそうなものをタップして追加します。


機能を追加したコントロールセンター
これが僕が設定しているコントロールセンターです。

初期設定だとコントロールセンターの上に空きがありますが、機能を追加したことでちょうど一画面全部に機能が表示されるようになりました。

3Dタッチで細かなコントロールが可能に

画面の明るさや音量は、そのままの状態で上下にスライドすれば、それぞれ細かく微調整ができるようになってます。

さらに、各機能についても3Dタッチに対応したものはさらに細かなコントロールが可能になってます。

以下、3Dタッチで表示が変わるものをまとめました。

通信と音楽
機内モードやWi-Fiアイコンのグループを長押し(3Dタッチ)すると、「通信状況」をひとまとめにしたグループが表示されます。AirDropやインターネット共有も表示されるのはすごく便利。「ミュージック」は再生してる曲名やアルバム画像が表示されます。


画面ミラーリングとフラッシュライト
「画面ミラーリング」はミラーリング可能なデバイスを選択可能。「フラッシュライト」は4段階で明るさを変えることができます。


計算機とカメラ
「計算機」は最新の結果をコピー可能。「カメラ」は「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「ポートレートを撮る」の中から撮影する項目を選べます。


Walletとタイマー
「Wallet」はカードが複数ある場合は使用するものを選べます。「タイマー」は1分〜2時間の間で設定する時間を変更できます。


メモと画面収録
「メモ」は「新規メモ」「新規チェックリスト」「新規写真」「新規スケッチ」から選択可能。「画面収録」マイクオーディオのオンオフが設定できます。

まとめ

今回はiPhoneの画面で説明ましたが、iPadでも同様に使えます。

普段使ってる機能の設定を変更したり、カメラやアプリなどのアプリを簡単操作できるコントロールセンター。iOS11になって、かなり使いやすくなりました。見た目もシンプルでいい感じ。

カスタムするともっと使い勝手が良くなるので、やったことがない方は是非お試しを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。