観葉植物やサボテンのホコリを吸着するスライム『サイバークリーン LeafCare』レビュー 害虫防止効果も

  • 更新:
  • 公開:2017.10.23
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

観葉植物やサボテンのホコリを吸着するスライム『サイバークリーン LeafCare』レビュー 害虫防止効果も

観葉植物って、ちょっと放っておくとすぐにホコリがたまってしまいます。

うちのリビングにはウンベラータがあるんですが、ふと気がつくと葉や床がベトベトしてる。調べてみると、どうもハダニにやられたようで、溜まったホコリで葉が乾燥したのが原因のようです。というわけで、雑巾で拭き掃除してあげるのもいいんですが、害虫予防もしてあげたい。

そこで、ホコリを吸着するだけじゃなく、天然アーモンドオイルで栄養とツヤを与え、天然ニームオイルで害虫や雑菌、バクテリアの繁殖を防いでくれるサイバークリーン LeafCare』を使ってみました。

OA機器用の除菌スライム『サイバークリーン Home&Office』のレビューも書いてますので合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

スイス生まれの画期的な観葉植物ケア サイバークリーン LeafeCare

スイス生まれの画期的な観葉植物ケア サイバークリーン LeafeCare

サイバークリーン LeafeCareは、スイスで研究開発された、観葉植物専用のケア用スライム。しっとりしたスライムを観葉植物の葉や枝にペタペタすれば、ホコリを簡単に吸着してくれます。

さらに、園芸業界注目のニームオイルを配合。ニームオイルは、人や植物には無害にも関わらず200以上の害虫に効果があり、世界で「奇跡の木」と呼ばれる注目の成分。害虫を寄せ付けず、雑菌やバクテリアの繁殖を防いでくれます。また、天然アーモンドオイルが葉に栄養とツヤを与え、生き生きと健康な葉に保ちます。

これひとつあれば、埃の除去から害虫予防までやってくれる、画期的な観葉植物ケア用品です。


サイバークリーン LeafCare 使用方法
使用方法は、スライムをキレイにしたい箇所に押し付けた後、ゆっくりと剥がすだけ。観葉植物が傷むので、こすってはダメです。こするのではなく、押し付けて剥がす、ペタペタするのが正しい使い方です。


サイバークリーン LeafCare の買い替え時期
本体は洗えません。本体がこの「使用不可」の色になるか、使用時に手に残ったりポロポロになったらもう使えません。それが買い替えの目安です。

サイバークリーン LeafCare 使用レビュー

サイバークリーン LeafCare 蓋をあけた写真
蓋をあけた状態。6ヶ国語で書かれたマニュアルが入ってます。日本語はありませんが、日本語での説明は本体ボトルに細かく書かれてます。


写真やイラストで使い方が分かる
マニュアルには実際に使ってる写真がたくさん載ってます。参考になります。


シルバーの蓋がぴったりとついてます
シルバーの蓋がぴったりと張り付けてあります。厳重に保護されてる感じ。一応手でも剥がせますが、上手く剥がせなかったのでイラストにあるようにハサミまたはカッターであけます。


サイバークリーン LeafCare たっぷり160g
緑のスライムが160g。たっぷり入ってました。


子供のスライムと同じ手触り
子供のおもちゃのスライムとほとんど同じ手触り。かなりしっとりしてます。

「サイバークリーン Home&Office」は、化学物質のにおいが気になりましたが、このLeafCareはすごく爽やかな香りがします。すごくいいです。使用後は手ににおいが多少つきますが、特に気になるレベルじゃありません。Home&Officeもこれと同じ香料にしてくれればいいのに…。


うちのリビングにあるウンベラータ
うちのリビングにあるウンベラータ。8年前ぐらいに買ってきたときはこの半分ぐらいの大きさでした。

葉の部分を拡大してみると…。

葉にはホコリやハダニが
ホコリだけじゃなく、赤い点々がいくつも…。これ、ハダニですね。


葉についた大量のホコリ
別の葉にもホコリが大量についてました。ちょっと前に雑巾で拭いた時に、ホコリがうまく取れきれずに消しゴムのカスみたいになって残ってます。


1枚1枚 葉をペタペタする
1枚1枚、優しくペタペタしてホコリをとります。軽めのホコリなら1回でとれますが、しつこいホコリはなんどもペタペタする必要があります。そんなに粘着力は強くありません。


キレイになった葉
ピカピカ、ツヤツヤの葉に戻りました。これから定期的に観察してハダニを撲滅させます!


枝についたホコリ
葉だけでなく、枝にもホコリがついてます。


ゲル状だから枝のホコリも簡単に取れる
ゲル状のスライムなので、枝のホコリも簡単にとれます。デコボコしたところのホコリも簡単。手入れが大変なサボテンのホコリも取れるとパッケージに書いてありましたが、これなら手を怪我せずにできそうですね。


ウンベラータ1本でこれだけ汚れが取れました
ウンベラータ1本でこれだけ汚れが取れました。


収納時、汚れを包むように中に練り込む
収納時は、大きめのゴミや簡単に取れるホコリを取って、汚れを包むように中に練りこみます。

本体の成分には、エタノールも含まれているので保管時に腐ったりカビが生えることはありません。どんどん汚れを取って除菌できます。


使い終わったらボトルに収納
使い終わったらボトルに収納します。乾燥すると吸着力がなくなって使えなくなるので、しっかりフタを締めておきます。

まとめ

初めて観葉植物用のケアアイテムを使ってみました。ホコリや汚れを吸着するだけでなく、害虫予防や見た目もツヤツヤになるのはすごくいいです。

実際に使う前は、OA機器用の除菌スライム「サイバークリーン Home&Office」のように臭いが気になったら嫌だなと思ってましたが、LeafCareは香りがすごく爽やか。使った後には多少手に香りが残りますが、全然気になりません。

これまでお手入れしてなくてホコリまみれだったウンベラータが蘇ってくれました。ハダニがどうなるかも経過観測していきます。

観葉植物を持ってる方にぴったりのケアアイテムです。おすすめですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。