雑菌が多いキーボードを簡単除菌&ホコリを吸着するスライム『サイバークリーン Home&Office』レビュー

  • 更新:
  • 公開:2017.10.18
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

雑菌が多いキーボードを簡単除菌&ホコリを吸着するスライム『サイバークリーン Home&Office』レビュー

キーボードは公衆トイレの5倍汚い!?などとよーく言われます。

5倍かどうかは分かりませんが、毎日使うのに拭き掃除をほどんどしないキーボードやスマートフォンに雑菌が多いのは容易に想像できる。普段使ってるiPhoneは皮脂汚れがすぐ目立つし気になるので毎日拭き掃除してますが、キーボードになると汚れが目立たないから掃除らしい掃除はほとんどやってません。どんだけ雑菌が繁殖してるんだろ…。

とうわけで、手軽にキーボードを90%以上も除菌してくれる『サイバークリーン Home&Office』を使ってみました。

スポンサーリンク

お掃除用スライム サイバークリーンとは?

サイバークリーン Home & OfficeとLeafCare
今回レビューするのはサイバークリーンの『Home&Office(黄色)』と『LeafCare(緑)』。Home&Officeは、パソコンキーボードなどの電子機器や貴金属やおもちゃ、文房具、その他凸凹部や隙間用。LeafCareは観葉植物やサボテンのお手入れに使えます。


サイバークリーン Home&Office
今回はまずHome&Officeのレビューです。

サイバークリーン Home&Officeは、スイスで研究開発された、水・洗剤不要の掃除用スライム。全世界80か国で販売されてます。これまでの掃除グッズでは届かなかった狭い隙間や小さな穴に入り込み、中に溜まったホコリやゴミを吸着。さらに、エタノールが含まれているので90%以上の雑菌を除菌してくれます。(本国スイスの第三機関にて99.9%の除菌力が実証済みだそうです)


サイバークリーンの使用方法
使用方法は、ホコリや除菌したいところに押し付けて、ゆっくりと剥がすだけ。ゲル素材のスライムが汚れや雑菌を吸着してくれます。主成分は、水・グアーガム・エタノール・グリセリンなど。本体についた雑菌は、エタノールにより除菌されるので繰り返し使えます。


買い替えの目安は使用不可の色
本体は洗えません。本体がこの「使用不可」の色になるか、使用時に手に残ったりポロポロになったらもう使えません。買い替えましょう。

サイバークリーン Home&Office 使用レビュー

蓋を開けたサイバークリーン Home&Office
蓋をあけるとこんな感じ。6ヶ国語で書かれたマニュアルが入ってました。


サイバークリーン Home&Officeのマニュアル
日本語はありませんが、写真やイラストで説明されてるので使い方はちゃんと分かります。


しっかり密閉されてます
しっかり密閉されてます。


銀色の蓋を剥がしたところ
シルバーのフタを剥がしたら、今度はクリアのフタが。


指で引っ張っても切れなかったのでカッターで切り取りました。
指で引っ張っても切れなかったのでカッターで切り取りました。


子供のおもちゃのスライムと同じ手触り
子供のおもちゃのスライムと同じような手触り。かなりしっとりしてます。


ゲル状なのでどんな形にもグニグニと変わります。
ケースからカポッと取り出したスライム。ゲル状なのでグニグニとどんな形にも変わります。ボトルタイプの内容量は160g。


キーボードに押し当てる
早速キーボードに押し当ててみました。


キーボードの跡がきれいに残ったスライム
キーボードの跡がくっきりと。ベルギーワッフルみたいですね。結構強めにグッと押し当てました。ただ、強く押しすぎるとスライムがちぎれてキーボードに付くのでご注意を。

キーボードがそんなに汚れてなかったので、スライムもほとんど汚れませんでした。激しい汚れじゃない限り、かなり長く使えそうです。

キーボードの掃除前後の写真がこちら。

掃除前のキーボード
掃除前のキーボード。ぱっと見はほとんど汚れてないと思ってましたが、カメラで撮影するとこんなにホコリが溜まってます。

ホコリがきれいに取れたキーボード
全部じゃないですが、8割以上はホコリがなくなってます。あと、目では分かりませんが雑菌はかなりなくなってるはず

ちょっと緩めに絞ったタオルで掃除してるような湿り気具合です。ペタペタと押し当ててホコリをとる感じ。使い勝手は悪くありません。掃除直後はキーボードがちょっとだけ濡れたような感じになります。エタノールで消毒できたってことですね。この濡れはエタノールが含まれているのですぐ乾きます。跡も残りません。


キーボード以外のデスク周りも掃除してみました。

マウスパッドのホコリ
マウスパッドについてたホコリも…。

簡単にきれいに
数回ペタペタすれば簡単にきれいになりました。


そのほか、

iMacのディスプレイ下のホコリや
iMacのディスプレイ下のホコリや…

スピーカーの小さな隙間にも
スピーカーの小さな隙間にも使えます。このスピーカーには中心に穴が空いててホコリが溜まりやすいんですが、その隙間に突っ込んでホコリを吸着してくれました。


使い終わったらボトルに収納
使い終わったらボトルに収納します。乾燥すると吸着力がなくなって使えなくなるので、しっかりフタを締めておきます。

気になったこと

初めて使ってみて気になったのがスライム本体の匂い。化学物質なのでどうしてもそれっぽい匂いがします。スライムを触った手を鼻に近づけると匂いがします。石鹸で洗ってもしばらく残ってました。

ただ、本体に鼻を近づけないと分からないぐらいのレベルです。

本体の成分には香料も含まれているので、もうちょっと落ち着く香りにしてくれればいいのになと思いました。

まとめ

吸着力はそんなに強くありません。ガムテープぐらいの吸着力を想像してましたが、実際は付箋ぐらいですね。ただ、いろんな形に変形するので、細かいところにも入り込んで取れやすいホコリはちゃんと取ってくれます。ブロアーやエアダスターだとホコリが舞うだけなので、手軽に吸着してくれるのはいいです。

ただ、個人的にオススメするのは除菌専用スライムとして使うこと。

キーボードって掃除しないから雑菌の温床になっているのは間違いありません。この雑菌をエタノールで90%以上も除菌してくれるのはとてもありがたい。しかも使った後はサラサラとしてるので使い心地も向上します。デスク周りだけでなく、ドアノブも雑菌がすごいのでそっちにも使ってます。

実際にどれぐらい除菌されてるのかは菌が見えないので分かりませんが、エタノールが含まれたスライムでペタペタすることで「雑菌除去してやった!」という気分になります。

普段よく手で触りまくってるのに掃除してないキーボード」「電卓」「ドアノブ」などの除菌にオススメのアイテムです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。