iPhoneでガンガン撮影するための拡張リグセット『Shoulderpod R2』外部マイクやライトを追加可能

iPhoneでガンガン撮影するための拡張リグセット『Shoulderpod R2』外部マイクやライトを追加可能

毎年、どんどんパワーアップしていくiPhoneのカメラ機能。

最近では、映画でもiPhoneが使われることが多くなってますが、なかなか自分では納得いくほど使いこなせていないのが現状です。今度のiPhone 8でもカメラが進化するのは間違いないので、今後はもっとiPhoneのカメラを使い倒していきたい。

そんなiPhoneを使ったビデオ撮影に最適なのがポケットリグ『Shoulderpod R2』。

外部マイクやライトを簡単に拡張可能で、スマホだけでなくアクションカメラなどの小型カメラでも使えます。2台カメラ体制も超簡単。

スポンサーリンク

Shoulderpod R2 紹介動画

どんなことができるのか気になる方は、まずこちらの動画をどうぞ。

かなり詳しくShoudderpod R2のことが解説されてます。

▼ ShoulderPod S2 R2 X1 を徹底解説!

細かすぎるぐらい説明が詳しいですね。参考になります。

Shoulderpod R2 特徴と使い方

Shoulderpod R2 特徴と使い方
Shoulderpod R2は、幅48〜93ミリまでのスマートフォンに対応した幅広のラバートップを採用。スマホをがっちりホールドしてくれます。

また、マイクやライトを追加できるプレートも組み合わせて使うことができるので、外出先でも手軽にクオリティの高い写真や動画を撮影できます


三脚にも取り付け可能
木製のグリップはもちろん、三脚にも取り付け可能。手持ちで不安な時は三脚にセットできるのはうれしい。


外部マイクと組み合わせて
iPhoneとRODE Videomicroなどの外部マイクを組み合わせて撮影できます。

ちなみに、外部マイクとの接続はイヤホンジャックがついてないiPhoneの場合、iPhoneに付属してるLightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタを使えば可能です。


外部ライトとの組み合わせ
外部ライトと組み合わせれば、光が足りない夜の撮影も安心。


コンパクトで軽いので持ち運びも簡単
コンパクトで軽いので持ち運びも簡単。見た目もかっこいい。


ブツ撮りにも
外での撮影だけでなく、室内でのブツ撮りにも使えます。写真は、Manfrotto ミニ三脚 PIXIと組み合わせてますね。

Manfrotto ミニ三脚 PIXIのレビューはこちら。
iPhone7をビデオカメラ化!撮影がラクになるマンフロットのミニ三脚『PIXI』購入!持ちやすさ抜群!

このほか、もっと拡張性の高い『Shoulderpod X1』というシステムもあります。

iPhoneでガンガン撮影を楽しみたいなら、持っててソンしない撮影アイテムです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。