超ラク!HDMI切替器でケーブル抜き差しから解放。AmazonプライムもSwitchも簡単切替。使用レビュー

超ラク!HDMI切替器でケーブル抜き差しから解放。AmazonプライムもSwitchも簡単切替。使用レビュー

これまで何度、テレビの裏に回ってHDMIケーブルを抜き差ししたことか…。

その手間からようやく解放されました。

Amazonで数あるHDMI切替器のうち、ダントツで評判が高かったVsllcasu HDMI切替器 4入力1出力セレクター PIP機能付き 4K 3D対応 リモコン付』を購入しました。名前も知らないメーカーですが、iBUFFALOやサンワサプライ、エレコムなどの有名メーカーのものはベストセラーになっているものの評判がかなり悪い。

星5つも多いけど星1つも多く、「映像が映らない」「切り替えが遅い」「PS4で使えない」などなど、酷評されてるものばかり。

スポンサーリンク

その点、今回購入したVsllcasuは、レビュー100オーバーで星5が95越え。そして星1つが1つとかなり評判が高い(2017年9月11日現在)。

気になったのが他メーカーとは違い、HDMIからの給電ではなくコンセント仕様ということ。調べてみると、Amazonの商品紹介ページには「消費電力:2W」と書かれてました。これなら、丸一日使っても1.2円(1kWh=25円で計算)しか電気代はかかりません。これぐらいなら問題なしです。

また、コンセントからの給電により、チャンネルの切り替えも速いし(テレビのチャンネルを変えるのと変わらない)、PS4などのゲーム機でもちゃんと使うことができます。

4つの機器を切り替えできるHDMI切替器

うちのテレビには、HDMI入力端子が2つあります。

ひとつはブルーレイレコーダーで使ってまして、残りをAmazonプライムビデオを楽しむためのFireTVstickと、Nintendo Switch、あとたまにApple TVで使いまわしてました。

ちょっと前まではFireTVstickがメインで挿さってましたが、Nintendo Switchを買ってからはしょっちゅう抜き差しすることが多くなりこの面倒くささをどうにかしたい!というわけで、HDMI切替器を買いました。


4つの機器を切り替えできるHDMI切替器
購入したVsllcasuのHDMI切替器。ご覧の通りパッケージはすべて英語。でも使い方は簡単なので心配は無用です。

特徴は以下の通り。

  • 4台のHDMI信号を1台のディスプレイに出力可能
  • ピクチャインピクチャ機能で、ひとつのディスプレイ画面にメイン画面と3つまでサブ画面を同時表示可能
  • 自動切替機能
  • リモコン付き
  • 電源はACアダプタによる給電
  • 消費電力:2W
  • 解像度:4K*2K@30Hz・1080P@120Hz・1080P@3D 60HzなどHDMI1.4バージョン、4K解像度と3D映像、HDCP対応
  • サイズ:60(W)x114(D)x22(H)mm

電源タップも同時購入
電源アダプタによる給電なので、電源タップも追加で購入。あと、HDMIケーブルは付属してないので、足りないなら事前に準備が必要です。


細かな特徴
主な特徴は上記の通りですが、細かい数字を知りたい方はこちらをどうぞ。


パッケージを開けたところ
パッケージを開けると、こんな質素な感じでした。HDMIを4ポートも搭載して約2,500円とコスパが高いのであまり贅沢は言えません。これで十分です。


内包物一覧
内包物一覧。左から、説明書(英語と中国語)、HDMI切替器、リモコン、ACアダプタ。


HDMI切替器本体写真
HDMI切替器本体。スチールなのでかなり頑丈です。

本体側面には手動でのチャンネル切替ボタンと、電源と入出力ラインのLEランプがあります。


本体側面のHDMI入力端子
反対の側面には、HDMIの入力端子が4つ。


短い方の側面には出力端子が1つと電源入力ポート
短い方の側面には、HDMI出力端子が1つと、電源アダプタの差し込み口があります。


リモコン
番号3の丸のプリントがちょっとハゲてました。ま、そんなもんです。使う時には何も問題ありませんでした。


リモコンの裏
リモコンの電源は、CR2025のボタン電池です。使用前のリモコンにはちゃんと絶縁シートが挟まれてました。


テレビのHDMI端子に接続する
テレビのHDMI端子に接続します。HDMI切替器の出力 → テレビのHDMI入力ですね。


テレビの裏から見たHDMI切替器
テレビの裏側から見たHDMI切替器。最近、Apple TVはほとんど使ってなかったので、Apple TVのHDMIケーブルをHDMI切替器とテレビとの接続に使いました。とりあえずよく使うFireTVstickとNintendo Switchの2つを接続しておきました。

Apple TVを繋いでも残り1つあまってるので、今後新しいHDMI機器が増えても安心です。


テレビの前から見たHDMI切替器
テレビの前から見るとこんな感じ。電源が赤ランプ、繋がってるHDMI機器が青ランプで表示されます。あと、テレビに出力されてる時はOutputランプが青く光ります。

昼だとあまり目立ちませんでしたが、夜だとこの光が結構目立ちます。上から半透明のマスキングテープを2重に貼っておきました。それでずいぶん落ち着きました。


ピクチャインピクチャ機能
ピクチャインピクチャ機能(PinP)。Nintendo Switchのホーム画面に、Amazon プライムの画面が写ってます。チャンネル切替時に便利ですね。

実際に使ってみた感想

購入前に、iBUFFALOやサンワサプライ、エレコムなどのHDMI切替器の酷いレビューを見てたので、もしかしてこのVsllcasuもうまく動かないかもしれないと不安になってました。

実際届いて使ってみましたが、

何の問題もなく超快適に使えてます。

Amazonプライムを見てる時に、Nintendo Switchの電源を入れると自動的に切り替わります。逆にまたAmazonプライムのリモコンを押すと、そっちに切り替わります。

切り替わるスピードも全く問題なし。リモコンや本体のスイッチで切り替えする時も、待たされることなくスムーズにチャンネルが切り替わります。HDMIからの電源供給タイプだと、切り替わるのにかなり時間がかかるようですが、そんなことは全くありません。

こんなに簡単に切り替えできるなら、もうちょっと早く買っておけばよかったと思うぐらいです。

HDMI切替でお悩みの方、オススメですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。