マジで買ってよかった。薄くて軽くて強い防弾チョッキの素材を使ったiPhoneケース購入1ヶ月後の再レビュー

マジで買ってよかった。薄くて軽くて強い防弾チョッキの素材を使ったiPhoneケース購入1ヶ月の再レビュー

普段はあまり2回目のレビューを書くことはないんですが、このケースに関しては書かずにはいられませんでした。それぐらい気に入ってるケースです。僕の中で、今までで一番のiPhoneケースかもしれない。

前回のレビューはこちら。
防弾チョッキの素材を使った、薄く軽く強いiPhoneケース、写真レビュー。まるで裸のような使い心地|SKEG*log

PITAKAのiPhoneケースを使い始めてから1ヶ月。家の中で何度か落としましたが無傷なのは当たり前。ケースももちろん無傷。薄くて軽いから、裸で使っているような感覚で使えるのが最高です。

スポンサーリンク

PITAKAのiPhoneケースのいいところ

実際に1ヶ月間使ってみて感じたのが、

やっぱりiPhoneはケースなしで使うのがベスト

だなぁということ。

つい先日、以前使ってたApple純正レザーケースに付け替えてみたんですが、厚さがほんの数ミリ違うだけなのに持った感覚が全く違いました。持った瞬間「あ、なんか分厚い」と感じて、ちょっと使うのが嫌だなぁと思ってしまいました。

これまでは毎日レザーケース使ってて満足してました。それがほんの1ヶ月、PITAKAのケースを使うようになっただけで、iPhone本来の薄さを手が覚えてしまったようです。

PIKATAのiPhoneケース

PIKATAのケースを使ってる時点で裸ではないですが、それに限りなく近い感覚で使えます。0.65mm極薄のアラミド繊維(アラミドファイバー)軍用素材がいいんでしょうね。

ケースなしで使うのがベストですが、iPhoneはデリケートすぎてすぐに傷がついてしまいます。裸で使いたいけど、iPhoneには傷をつけたく無い。そんな方にぴったりのケースなのは間違いありません。


あと、ケース自体に傷がつかないのも素晴らしい。

レザーケースだと1年も経つと擦り傷や切り傷、角には落とした後の傷が残ってるんですが、PIKATAのケースにはそんな傷が一切ついてません。小さなすぎ傷や切り傷が付いてないんです。厳密にいうと、ミクロなレベルでは付いてると思いますが、目で確認できる傷は一切なし。

汚れがついてもすぐに落ちるし、長く使い続けられるケースです。

注意点

大満足のiPhoneケースですが、一つだけ注意点があります。

あくまでもレザーケースと比べてですが、ちょっと滑りやすいです。レザーケースの場合は、素材がしっとりしてて摩擦力があるため、机の上やちょっと斜めのところに置いてもぴったりとくっついてくれます。

一方のPITAKAのケースは、サラサラとした表面なので摩擦力がほとんどありません。斜めのところにおくと、サーっと下に落ちてしまいます。レザーやシリコンのケースから買い替える場合は、感覚が変わるのでそこだけ注意が必要です

まとめ

これまでiPhoneは裸で使いたいなーとずっと思ってました。

iPhone5の時は、試しに裸で使ってみましたが下取りに出す際に大きく減額されてしまいました。
擦り傷、塗装剥げ、ヘコミ...傷だらけのiPhone 5。こんな状態でいくらで売れるのか!?|SKEG*log

何度かクリアケースも試してみましたが、どれも見た目が気に入らずに断念。

このPITAKAのケースは、iPhone 7 Plus ジェットブラックの美しい背面は隠してしまいますが、それ以上に手に持った時の感覚が気に入ってます。ほとんど裸と同じです。そもそも、使ってる時には背面は見えませんからね。

裸で使いたいけど、iPhoneには傷をつけたく無い

そう思ってる人なら満足すること間違いなしのケースです。一押し!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。