写真を簡単に回転させる方法

  • 更新:
  • 公開:2017.8.15
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

写真を簡単に回転させる方法

iPhoneで撮影した写真って、向きが意図しない方向で保存されることがよくあります。

例えば、横で撮ったのに保存されてる写真は縦だったり、その逆もあります。また、撮った写真が上下逆さまになって保存されてることもよくあります。

そんな時は、Macの写真アプリを使って回転させるんですが、背景が黒い編集画面で切り替えるよりも、もっと素早く回転させることが可能です。僕はいつもこの方法で回転させてます。

スポンサーリンク

写真を回転させる方法 その1

まずは一般的な回転方法から。

写真アプリで横になった写真を開く
写真アプリで縦横が合ってない写真を開きます。

写真に写ってるのは枝雀落語大全の歌詞カード。最近落語にハマってまして、Apple Musicでは聞けない落語家さんのCDを借りまくってます。ウォーキングやランニングの時に最適なBGMですよ。おすすめです。

さて、右上にある編集ボタンをクリックすると、編集画面に切り替わります。

編集画面で写真を回転させる
編集画面で「回転」を何度かクリックして、正しい位置まで写真を回転させて、右上の「完了」を押せば、修正完了です。

これでもできますが、何度もクリックしなきゃいけないし、正直面倒くさい。

写真を回転させる方法 その2

僕がいつも使ってるのがこっちです。

写真をショートカットで回転できる
回転させたい写真を開いたら、メニューの「イメージ」にある「反時計回りに回転」または「時計回りに回転」で回転できます。クリック数も大幅に少なくできます。

さらに「command + R」または「command + option + R」のショートカットを使えば、一瞬で回転が終わります。

たくさんの写真を回転させたい時にかなり重宝しますよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。