Nintendo SwitchやMacBookを充電できるAnkerのモバイルバッテリー『PowerCore+ 26800 PD』登場

Nintendo SwitchやMacBookを充電できるAnkerのモバイルバッテリー『PowerCore+ 26800 PD』登場

AnkerからNintendo SwitchやMacBookを充電できる、大容量のモバイルバッテリー『Anker PowerCore+ 26800 PD(Power Delivery対応 26800mAh モバイルバッテリー)』が発売開始されてます。

「モバイルバッテリーといえばどのメーカー?」と聞かれたらAnkerが頭に浮かぶほど、ブランドイメージが確立されたメーカーです。

これまでUSB PD(Power Delivery)に対応してるNintendo Switchを充電できるモバイルバッテリーも発売されてましたが、Switchが爆発的に売れてる今、満を持して本命の登場です。

スポンサーリンク

Anker PowerCore+ 26800 PDは大容量

大容量のAnker PowerCore 26800
まず、Nintendo Switchの内蔵バッテリーの容量は4310mAh。モバイルバッテリーで1回フル充電するには、充電ロスを多めに考えても7000mAhは必要です。Anker PowerCore+は、26800mAhという大容量のモデルなので、数字では約4回ほどフル充電できる計算になります。

そのほか、MacBook Proだと1.2回、Galaxy S8なら7回、iPhone 7なら10回の充電が可能です。

USB-C Power Deliveryに対応

Power Delivery対応
Nintendo Switchにも使われているUSB-Cの新しい規格Power Deliveryに対応し、最大30W出力のUSB Type-Cポートを1つ搭載。最大5V/3A出力のUSB Type-Aポートを2つ搭載してます。

ノートパソコンやNintendo Switchはもちろん、USB-AではAnker独自のPowerIQ対応により、スマートフォンやタブレットでも急速充電が可能です。

ちなみに、Nintendo Switchは、PDに対応していないモバイルバッテリーでも充電できるものもあります。ただ、速度が遅かったり、スリープ中には充電できるけど、プレイしながらは充電できないなど、満足に使えない場合があります。

※ちなみにAnker公式発表によると、Nintendo SwitchがHDMI接続されている場合は、充電できないとのことです。

約4.5時間で本体充電完了

約4.5時間で本体充電完了
Power Delivery対応入力ポート(27W)により、本体充電にかかる時間が従来の約3分の1になりました。約4.5時間でバッテリー本体への満充電が可能です。

※付属のUSB-C急速充電器を利用した場合

USB-C急速充電器が付属

USB-C急速充電器が付属
付属しているPD対応の急速充電器を使えば、あらゆるUSB-C機器へ急速充電する事ができます。Nintendo Switch用に、もう一つ充電器が増えるはうれしいですね。

価格は9,999円とちょっと高めですが、出先でNintendo SwitchやMacBookを使う人には嬉しいモバイルバッテリーの登場です。

今後、USB-Cを採用したデバイスがどんどん出てくるので、今後はUSB-Cに対応したモバイルバッテリーが主流になっていきそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。