あのシミが落ちるかも!? 掃除機の先に取り付けるだけで、水洗いクリーナーに変身『switle(スイトル)』

濡れたゴミも吸い取れる!掃除機の先に取り付けるだけで、水洗いクリーナーに変身『SWITLE(スイトル)』

掃除機は乾いたゴミを吸い取るもの。

でも、家の中では水分を含んだおかずの食べこぼしなど、水分を含んだゴミもよく発生します。そんな時に便利なのが、スープやインスタントラーメンなどの水分を含んだ固形物も強力に吸い取ってくれるswitle(スイトル)』です。

switle(スイトル)は、お持ちの家庭用掃除機の先に取り付けるだけで、水洗い掃除機に早変わりさせる、世界初のクリーナーヘッドです。

これがあれば、カーペットにこぼれた牛乳も簡単に水洗いできちゃいますよ。

スポンサーリンク

switle(スイトル) 商品紹介動画

気になる方は、まず公式の紹介動画をどうぞ。

約2分ちょっとの映像です。

▼ switle(スイトル)|世界初の水洗いクリーナーヘッド

掃除機では吸えない、液状の汚れをまるで選択したかのようにキレイにしてくれます。

部分洗浄が得意です。switle(スイトル) の特徴

switle(スイトル) の特徴

大きな特徴はの3つ。「ノズル」と「逆噴射ターボファンユニット」と「逆流防止弁」です。ノズル部分と逆噴射ターボファンユニットはスイトルだけの特許技術。

ノズルは、汚れに吸い込み口を密着させると、瞬時に自動的に水が噴射され、汚れを洗浄し吸引。汚れを広げない、アヒル口の形状により固形物も強力に吸い取ってくれます。

逆噴射ターボファンユニットが、水と空気を遠心力で完全に分離してくれます。そのため、掃除機にはキレイな空気だけが戻り、分離された汚水は透明の汚水槽に溜まります。

そのほかの特徴はこちら。

  • スイトルの動力は家庭用のキャニスター型掃除機
  • 水の噴射と吸引を同時に行う(アクアサイクロン機能)
  • 転倒や落下時に掃除機に水が入らないよう保護する逆流防止弁で安全性を確保
  • 溜まった汚水は、カバーを外して捨てるだけ
  • 電子部品が本体にないので、タンク部分は水洗い可能


スティックタイプやハンディタイプの掃除機には使えないので、ご注意を。

まだ子どもが小さかった時は、何度もカーペットに牛乳がこぼれて、数日後に異様な悪臭を放つことがよーくありました。あの時にこのスイトルがあれば助かっんだけどな。

洗濯することが難しい汚れや、クリーニングできない汚れが対象です。カーペットの他、畳・絨毯・ソファ・自動車のシート・大物のファブリック類など、従来の掃除機ではできなかった汚れ・シミなど対して部分洗浄ができます

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。