防弾チョッキの素材を使った、薄く軽く強いiPhoneケース、写真レビュー。まるで裸のような使い心地

防弾チョッキの素材を使った、薄く軽く強いiPhoneケース、写真レビュー。まるで裸のような使い心地

久しぶりにiPhone 7 Plusのケースを変えてみました。

これまでずーっとApple純正本革ケースをつけてたんですが、たまにはちょっと気分転換でもしようかなと、良さそうなケースがないかと調べて見つけたのがこれ。

PITAKA(ピタカ)の『アラミドファイバーiPhoneケース(iPhone7plusケース「PITAKA」軍用防弾チョッキ素材 アラミド ファイバー 超薄型 スリム チエック柄 軽量 頑丈 滑りにくい ミニマリスト 高級カーボン風 (黒/灰 ブラック グレー)ピタカ)』です。昨日のAmazonプライムデーでも1,000円ぐらい安くなってましたね。プライムデーではたくさん買い物したので、それはまた後日。

さて、このピタカのiPhoneケース、防弾チョッキにも使われている軍用素材のアラミドファイバーを使うことにより、薄くて軽いだけじゃなく、ものすごく頑丈なケースに仕上がってます

スポンサーリンク

アラミドファイバーの特徴

メーカーによると、アラミドファイバーの特徴は...

  • 鋼鉄の5倍の強度かつ軽い。
  • 宇宙産業、レーシングカー、防弾チョッキでよく採用されている優れた耐久性で人々に愛されている。
  • 類を見ない、軽量さと頑丈さ。
  • カーボンよりも頑丈で柔軟性がある
  • 電波(信号)を遮断せず、電波干渉ゼロ。
  • 色付けも可能なためカラーが豊富。

実際、iPhone 7 Plusにつけて使ってますが、薄くて軽いのでケースをつけてないような感覚になる時があります。まだ使用して1週間なのでもちろん無傷(傷はつきにくい印象)です。汚れてもちょっと拭けば簡単に落ちます。

格子柄というのも、キズが目立ちにくい要素の一つになってます。

PITAKA(ピタカ)のアラミドファイバーiPhoneケース レビュー

PIKATA(ピカタ)のiPhoneケースのパッケージ
かなりしっかりしたパッケージに入ってました。


Stay slim, Stay simple
「Stay slim, Stay simple」というどこかで見たようなコピーが書かれてました。確かに薄くてシンプルなデザインで、使ってて満足できるケースです。


パッケージを開けたところ
このパッケージは、ご覧のように右からパカっと開ける仕様になってます。これがちょっと分かりにくく、上から開けようとしたため、ちょっと開けるのに手こずりました。


パッケージ内に書かれた取り外し方の説明
パッケージの内側には、ケースの取り外し方がイラストと英語で説明されてます。こんな説明があるので外しにくいのかなと思って試してみましたが、意外と簡単に外れました。別にiPhoneとケースがキツキツじゃないので、取り外しはラクです。


内包物一覧
内包物一覧。左からサンクスカード、ケース本体、ガラスの液晶保護フィルターです。


ガラスのiPhone液晶保護フィルター
ガラスの液晶保護フィルターが1枚付属してます。


ガラスの液晶保護フィルター
普通のガラスフィルムです。片面についてる保護シートをはがしてiPhoneに貼り付けます。


クリーニングクロスも付属
クリーニングクロスも付属してました。あと画面を拭くアルコールを含んだティッシュも付いてます。しっかりしてますね。


iPhoneに貼り付けたイメージ
iPhoneに乗っけてみました。ディスプレイが湾曲するところから1mmほど内側までカバーしてくれるガラスフィルムです。僕はディスプレイには保護フィルムやガラスをつけない派なので、これは元に戻しておきました。


PIKATA(ピカタ) ケース本体
PITAKA(ピタカ)のケース本体。今回購入したのは黒と灰色の平織モデル。そのほか、色や柄(紋様柄やツイル柄)が違う数種類のモデルが用意されてます。

どういう形状か、横から見てみると...

PIKATA(ピカタ) ケース本体
各ボタン部分と上下がくりぬかれたデザインになってます。

内側に「PITAKA」のロゴが書かれてるのは良いですね。表側に持ってこなかったのはGoodです。担当の方はちゃんと分かってますねー。


iPhone 7 PlusにPIKATA(ピカタ)のケースをつけた写真
iPhone 7 Plusのジェットブラックをつけてみるとこんな感じです。

かなり薄いので、手に持ってみるとiPhoneを裸で持った時のような感じがします。裸で持つより、サラサラ感はアップしますね。

あと、裸で使うと置く時にちょっと気を使いますが、薄くて頑丈なケースがついてるので多少荒く置いても心配不要。安心感がアップします。


PIKATA(ピカタ)のiPhoneケース 背面レンズ周り
背面のレンズ周り。硬いプラスチックのような黒い縁が付いてます。この縁が背面のレンズより高いので、背面を下にして置いてもレンズが干渉することはありません。


電源ボタン周り
電源ボタン周り。きれいにくりぬいてあります。


iPhone上部
iPhone上部も...。


音量ボタン周り
音量ボタン周りも...。


iPhone下部も
Lightningコネクタ周りも、全てきれいにくりぬいてあります。


iPhoneを下から見たところ
iPhoneを下から見たところ。

PITAKA(ピタカ)のケースは、iPhoneのディスプレイとほぼ同じ高さに設計されてます。そのため、画面を下にして置いた場合、ディスプレイが当たってしまいます。そのため、付属のガラスフィルムを貼り付けて保護するという仕様になってるんですね。

ただ、僕はフィルムは貼らない派なので、そのまま使うつもり。傷がついたらしようがないと、もう割り切ってます。(すでに、ちょっと目立つ傷がついてるので、今更気にしてもね...)

ディスプレイに傷をつけたくないなら付属のガラスフィルムをつけることをオススメします。


横から見たところ
机の上に置いたところ。レンズ部分が保護されてる分、すき間ができます。特に不安定ということもありません。問題なしですね。

PIKATA(ピカタ)iPhoneケースレビュー まとめ

ピカタケースとAppleの純正ケース
本当はiPhoneは裸で使いたいんだけど、ガラスや傷が気になる。落下させて壊したくない。という理由からAppleの純正革ケースを使ってきました。

不満はなかったんですが、たまに裸にして持ってみると、やっぱ手触りがいい。ケースがないだけで、まるで別のスマホを持ったような新鮮な気持ちになる。でも、そのまま持ち運ぶのはちょっと不安。

そんな僕にぴったりだったのが、PITAKA(ピタカ)iPhoneケースでした。薄い、そして、強い。さらにはサラサラ&グリップも良し。高級感もある。と文句なしのケースでした。

不満点はほとんどないんですが、あえていうとケースの切断部分がちょっとザラついてました。指が当たるとちょっと気になったので、600番の耐水ペーパーでサッと削って面取りしておきました。

それ以外は何の問題もなし。

裸で使いたいんだけど傷が心配。
薄くて軽くて丈夫なケースを探してる。

という方にはぴったりのケースだと思います。いいケースですよ。ぜひお試しくださいー。

PITAKAの専用サイトでも買えます。もちろんAmazonでも。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。