MacをWi-Fiのアクセスポイントに!通信が切断されやすいNintendo Switchで快適プレイできるように。

MacをWi-Fiのアクセスポイントに!通信が切断されやすいNintendo Switchで快適プレイできるように。

Wi-Fiが繋がりにくかった2階でもSwitchを快適プレイできるようになった!

スプラトゥーン2面白すぎ!幼稚園の息子と超楽しく遊んでます。ちなみに発売から3日経過した7月23日時点で、僕がランク12、息子が14でした。僕はナワバリバトルだけでなくヒーローモードとかサーモンランなど満遍なく楽しんでるのに対して、息子はナワバリバトルとガチマッチをガンガンやってます。前線で揉まれてるのですごい腕前。もっと上手くなったらプレイ動画作ってみようかなと思うぐらいです。面白すぎて時間を忘れがちな毎日です。あー楽しい。(やりすぎは目や体に悪いので、息子にはプレイ時間を制限してやらせてます。)

さて、そんな楽しいスプラトゥーン2ですが、ゼルダの伝説をプレイしてた時と同様、Wi-Fi通信がどうも弱い。Nintendo Switch本体の問題だと思いますが、Wi-Fiのアクセスポイントから離れると、回線が不安定になってしばらくすると通信が切断されてしまいます

これがどうにかならないものかと、対策をしてみました。

スポンサーリンク

Nintendo SwitchのWi-Fi通信は弱い

自宅の回線状況を簡単にご説明しておくと…

  • 戸建木造2階建て
  • 光回線を引いている
  • 回線速度は平均して20〜50Mbpsほど
  • Wi-Fiの回線速度は10〜20Mbpsぐらい
  • Wi-Fiのアクセスポイントは1Fのリビングの角に1つ
  • 2Fにはアクセスポイントなし

この状況で、iPhoneやiPadなどのスマホやタブレットも2Fで使ってますが、回線が弱いと感じることはほとんどありません。動画もサクサク見れてます。

これが、Nintendo Switchになると回線が弱くなります。

Nintendo Switch 回線が途切れました
スプラトゥーン2のエラー画面。「通信が切断されました」と表示され、ゲームは中断。せっかくいい感じでプレイしてても、これが出たら終わりです。

このエラーが出た2Fの場所で接続テストを試してみると…

Nintendo Switch インターネットの接続テスト
接続テストには成功するんですよね。ダウンロード速度も10Mbps出てるので問題はないはず…。

ただ、Wi-Fiのアイコンは3本のうち1つしか点灯してませんでした。やっぱりWi-Fiの感度が悪いんでしょうね。

MacをWi-Fiのアクセスポイントとして使う

どうにか2階でも快適にニンテンドースイッチをプレイできないかと、Wi-Fiの中継機を使うことも考えましたが、よーく考えてみたら2階にはiMacがある(2階の自室に置いているメインマシン)。

2階でSwitchを遊ぶのはほとんど自室だけ。さらには、自室には1階から有線LANも引いている。

というわけで、メインマシンのiMacを2階のWi-Fiアクセスポイントとして使うことにしました。

設定はインターネット共有をオンにする

MacをWi-Fiのアクセスポイントとして使うには、ブロードバンドモデムやルーターなどからMacにイーサネットケーブルで接続します。物理的に準備するのはこれだけ。要は、有線LANにつながったMacを準備すればいいだけです。

次に、Macの「システム環境設定」→「共有」を設定します。

システム環境設定の共有パネル
左のサービスにある「インターネット共有」の文字をクリックすると、右に設定項目が出てきます。機能はまだ「切」でOKです。

「共有する接続経路」を「Ethernet」。

「相手のコンピュータでのポート」を「Wi-Fi」に設定し、右下の「Wi-Fiオプション…」をクリックします。


インターネット共有ネットワークを構成します。
インターネット共有ネットワークを構成します。

「ネットワーク名」と「チャンネル」は基本的にそのままでもOKです。「セキュリティ」は「WPA2パーソナル」にしてパスワードを入力します。このパスワードがこのWi-Fiに接続するためのパスワードになるので、忘れずに設定しておきます。

ちなみに、チャンネルは1〜11が2.4GHz、それ以外は5GHz帯です。


インターネット共有機能を開始してもよろしいですか?
あとは、「インターネット共有」の左にある「入」にチェックを入れて、開始すれば設定完了です。


インターネット共有 入
インターネット共有が有効になったので、インジケーターが緑になりました。


インターネット共有がオンになるとメニューバーのアイコンが変わる
Wi-Fiのインターネット共有がオンになると、メニューバーのWi-Fiアイコンに上矢印が表示され、機能のオンオフやネットワーク名、チャンネルの確認が可能になります。


注意点がひとつ。

AirDropは使用できない
Wi-Fiでインターネット共有を使うと、AirDropが使えなくなります。AirDropをよく使う方はご注意ください。

Nintendo Switchが2階でも快適に遊べるようになった!

早速、通信が切断された場所でiMacのWi-Fiアクセスポイントにつないでみました。

Nintendo Switch インターネット設定
登録済みのネットワークの上にあるのが、今回追加した2階のiMacアクセスポイント。下のがこれまで使ってた1階のアクセスポイントです。

Wi-Fiのアイコンを見てください。

Wi-Fiの通信品質(電波状況)が大幅に改善されました!

実際にプレイしてみましたが、一度も通信が切断されることはありませんでした。すごく快適です!今までイライラすることが多かったんですが、これでかなりスッキリしました。

ただ、iMacの電源がオンになってないと使えないので、そこだけはご注意ください。

常時、アクセスポイントをオンにしておきたい場合は、中継機をどうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。