ヒゲのお手入れ超簡単!0.5mm幅の39段階で微調整できるブラウンの髭剃りバリカンを購入&レビュー

ヒゲのお手入れが超簡単に!0.5mm幅の39段階で微調整できるブラウンの髭剃りバリカン購入&レビュー

無精ヒゲが簡単に出来上がる、ブラウンの髭剃りバリカン(ヒゲトリマー)『ビアードトリマー BT3040』を購入しましたー。

個人で仕事をするようになってから、無精ヒゲで過ごすことが多くなりました。普段は、ブラウンのメンズシェーバーを使ってツルツルに仕上げてたんですが、夏ということもあり髪をかなり短くしたのでどうも顔全体にメリハリがなくなってきてました。ツルンという感じ…。

というわけで、これからはツルツルに剃り上げるんじゃなくて、多少ヒゲを残した無精髭スタイルで過ごそうかなと思い立ち、これ買ってみました。

スポンサーリンク

ブラウンの電動髭剃りバリカン『ビアードトリマー BT3040』レビュー

今回購入したのは、ブラウンのビアードトリマー BT3040。0.5mm幅・39段階長さ調節・水洗い可・バッテリー駆動のタイプです。

ヒゲトリマーには、カットしたヒゲを吸い込んでくれるモデルもありますが、価格が3倍ほど高くなるので断念。今回はコスパが高く評判も良いこのモデルにしてみました。


ビアードトリマー BT3040
中身が見えるパッケージに入ってました。


一番の特徴、39段階の長さ調整
パッケージの一番目立つところに、最大の特徴が書かれてます。付属のアタッチメントを使うことで、0.5mm幅で0.5〜20mmの長さまでヒゲを微調整できます。


ヒゲ、自由自在です。
付属のアタッチメント(ヒゲ用コームとヘア用コーム)とジレットのカミソリで、思い通りのヒゲがデザインできるというわけです。ヒゲだけじゃなく髪の毛にも使えますね。


ビアードトリマー BT3040 内包物一覧
内包物一覧。左から、説明書・ジレットのカミソリと替え刃1つ・本体・アタッチメント2つとブラシ・充電器です。


コンパクトな本体
コンパクトな本体。サイズは、約幅165×奥行41×高さ44mm。

先端の刃は、自動研磨機能により特にメンテナンスしなくても、切れ味が落ちず新品同様の切れ味を保ちます。ただ、水でジャブジャブ洗った後には、潤滑油を塗った方がよりパフォーマンスを長く保つことができます。


刈り高調整ダイヤル
刈り高調整ダイヤルはちょっと固め。片手でも回せますが、両手でやったほうが回しやすい。


ビアードトリマー BT3040 本体裏
本体裏には滑り止めのゴムがあるので、持ちやすく滑りにくい構造です。


高級カミソリ ジレット
ジレットのカミソリと替え刃が1つ付属してます。最近はほとんど電動のシェーバーしか使ってなかったので、久しぶりにカミソリに触れました。これ、高級感がすごいです。持った時ずしっとくる重さと、質感がハンパないです。


ジレット 驚きの5枚刃
何枚刃があるのかと数えてみたら5枚もありました。これで剃れば、ピカピカになりそうです。


8時間充電で60分間コードレスで使用可能
8時間充電で60分間コードレスで使用可能。充電中はランプが点灯し、充電完了で消灯します。寝る前にコンセントに挿しておけば、翌朝には満充電で使えます。

ヒゲを0.5mmの無精髭に揃えてみた

実際に私の汚いヒゲで試してみました。

こちら、1週間ほど剃らずに放置したヒゲ。

1週間放置して伸びまくりのヒゲ
あー、きったねー。こうやって改めて見るとひどいな…。見苦しくてすみません。

40歳代にもなると、ヒゲが白くなりますなー。さすがにこの状態で外には出歩けません

まずは、あごの下以外を電動シェーバーで剃ります。

あごの下のヒゲ以外がキレイさっぱり
はい、ちょっとスッキリしました。

残りをビアードトリマーBT3040で、一番短い0.5mmにして剃ってみました。

ビアードトリマー BT3040 0.5mm
はい、無精髭風に仕上がりました。すごく自然な無精髭。ずいぶんキレイになりました。

アタッチメントをつけない状態だと0.5mmで剃れます。もうちょっと長くしたい場合は、1-10mm用のアタッチメントをつければ、さらに0.5mm単位で調整ができます。

今度はもうちょっと長めの1mmぐらいで試してみようかな。

ヒゲは飛び散るものの掃除は簡単。水洗いOKはありがたい。

ここで注意点がひとつ。

このモデルはヒゲを吸い込む機能はないので、髭剃りカスが下に落ちます。

飛び散ったヒゲ
洗面台の上でやってみたんですが、ご覧の通りたくさん飛び散ってます。デメリットといえば、これぐらいですかね。あとは充電時間が8時間かかるぐらいかな。

飛び散っても水で丸洗いOKなので、掃除は簡単です。

ビアードトリマー BT3040は水洗いOK
剃り終わったら、水をジャーっとかけてヒゲのカスを落としてあげます。刃がついてるトリマーヘッドも、アタッチメントも全部外して洗えます。


水で洗い終わったビアードトリマー BT3040
あとは乾かして掃除終了。超ラクですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。