まるでSF!写した画面を指でタッチ操作できる未来のプロジェクター『Xperia Touch(エクスペリア タッチ)』

写した画面を指でタッチ操作できる未来のプロジェクター『Xperia Touch(エクスペリア タッチ)』

映画「マイノリティ・レポート」の世界がもう実現!

壁などに映し出したスクリーンを指でタッチして操作する、そんなSFみたいな世界がもう実現してました。ソニーが手がけた『Xperia Touch』は、『Xperia Ear』に続くソニーのスマートプロダクト第2弾の製品。

小さなプロジェクターから壁や床に映し出されたAndroidの見慣れた画面。この画面、実はスマートフォンやタブレットを扱うように、指でタッチ操作することが可能なんです。

信じられないって方は、まずはこちらの公式紹介映像をどうぞ。

スポンサーリンク

Xperia Touch 紹介映像

スマホやタブレットのような操作性を大画面で楽しむ様子が描かれてます。

使い方がこれだけでよーく分かります。

1分22秒の映像です。

▼ Xperia Touch – Make surfaces come to life

朝日新聞社が公開してる紹介映像もどうぞ。

▼ 机や壁をタッチ ソニーモバイル「Xperia Touch」発表

これいいなぁ。iPhoneやiPadでもできるようにならないかな。

Xperia Touch の特徴

Xperia Touch の特徴
様々な場所にスクリーンを映し出し、指でタッチする直感的な操作で新しいコミュニケーションを提案するスマートプロダクト。これまでのプロジェクターはただ大きく映し出すだけでしたが、Xperia Touchはそれを触って操作することが可能。

Android OSを搭載しているので、Google Playのアプリケーションを楽しむこともできます。


Xperia Touchの特徴は…

  • ソニー独自技術によるどこでも持ち運べるポータブル超短焦点プロジェクター
  • 壁やテーブルをスマートスクリーンとして利用可能
  • 人感センサーを搭載しているので、近づいただけでスクリーンが立ち上がる
  • Android OS搭載によりGoogle Playのアプリケーションを楽しめる
  • 80インチの大画面で楽しめる
  • HDMIケーブルを繋げばブルーレイやパソコンの画面も映し出せる
  • PlayStation4 リモートプレイにも対応
  • 「Hi Xperia (ハイ エクスペリア)」と呼びかければ音声操作もできる


壁に映し出してメッセージを表示
壁に映し出してメッセージを表示させることもできます。メッセージボードとしても使えます。


床でお絵かき
広い床でお絵かきを楽しむことも可能。紙やペンも不要で、床が汚れることもありません。


Xperia Touch 本体の仕様
約69 x 約134 x 約143 mm、約932gというコンパクトなボディに、いろんな機能が詰め込まれてます。


Xperia Touch 背面の拡張スロット
背面には、micro SD、USB Type-C、HDMI Type-Dの接続端子が用意されてます。拡張性も良いですね。


久しぶりに未来を感じさせる製品が出てきましたね。生活が変わるかも!?という期待感でワクワクします。

もうiPhoneのマイナーバージョンアップはいいから、Appleもこんな製品出さないかな。

AmazonでXperia Touchを探す

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。