水出しアイスコーヒー、はじめました。ハリオのコーヒーポットレビュー。超簡単な作り方と使い方。

水出しアイスコーヒー、はじめました。うまいです。

うまいアイスコーヒーが自宅で簡単に作れる!

とうとう、うちも水出しアイスコーヒーはじめました。

タバコを吸ってた時にはなくてはならなかったコーヒー。数年前にタバコをやめた時には、「もうコーヒーも飲まなくなるだろうなぁ」と思ってたら、タバコを吸ってた時以上に飲むようになりました。

タバコをやめてからは、味にもちょっと敏感になりましたが、特に香りを楽しむようになりましたね。缶コーヒーはブラックしか飲まないようになり、自宅ではインスタントよりもドリップコーヒーをよく飲むようになりました。そして、ついには水出しコーヒーデビューです!

スポンサーリンク

水出しアイスコーヒーなら手軽に本格的な味が楽しめる

ドリップコーヒーを飲むようになってから、徐々にコーヒーへの興味が湧いてくるようになりました。

いい香りだなぁ
いろんなドリップコーヒーを飲んでみたい
本格的なコーヒーって手軽に楽しめないのかなぁ

などなど。

最近では、近所のコメダコーヒーにも行くようになって、そこで飲むアイスコーヒーがうまいこと。

どうにかして、こんなにうまい本格的なアイスコーヒーを自宅で飲めないものかと思った時に頭に浮かんだのが「水出しコーヒー」でした。


水出し珈琲とは
購入した水出しコーヒー専用ポットの箱に書かれてた説明書き。これによると...。

水出し珈琲とは、水で低温抽出した珈琲のこと。熱による珈琲豆の酸化を防ぎ、豆本来の味を引き出すことができます。抽出後は、時間をおいても味の変化が少なく美味しく飲めます。深いコクと風味、まろやかな口当たりを楽しむことができる珈琲なんですね。

準備するのは水出し専用のポットだけ。

これなら豆を挽いたり、ミル、ペーパーフィルター、ドリッパー、ドリップポット、などなどいろんなものを準備する必要もない。

というわけで、早速水出しコーヒー専用のポットを買ってみました。

水出しコーヒーの作り方(ハリオの水出しコーヒーポット使用)

今回購入したのは、Amazonで人気の『HARIO(ハリオ) 水出しコーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用』。出来上がりが1,000mlのコーヒーポットです。

このポットを使って水出しコーヒーをつくってみました。


HARIO(ハリオ) 水出しコーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用
かわいい箱に入ってました。


ハリオの水出しコーヒーポット 1,000ml用
フタと、コーヒーの粉を入れるストレーナー、ガラスポットがセットになったコーヒーポットです。

ガラスポットは耐熱ガラス製で、耐熱温度差は120℃。ガラスだけでなくハンドルバンドなども耐熱仕様になってます。冷たいものはもちろん、熱いお湯やコーヒーにも使えます。


コーヒーの注ぎ口に注意書き
コーヒーの注ぎ口は一般的な大きさのもの。注ぐ時に勢いよく出てグラスから溢れる場合があるので、注意して注ぎましょう。


ストレーナー
コーヒーの粉を入れるストレーナー。ちゃんとポットに引っかかるように設計されてます。

上面の丸を注ぎ口に合わせておくと、フタを外す時にストレーナーとフタが一緒に持ち上がるのを防いでくれます。


ストレーナーの底面は取り外し可能
ストレーナーの底面は取り外しが簡単にできます。掃除がとてもラクです。


用意したコーヒー豆
今回用意したコーヒー豆(粉)。Amazonでベストセラーになってる安くてそこそこ飲めるコーヒーです。750gも入ってて1,000円しませんでした。かなりコスパは高いです。


水出しコーヒーには中細挽きがおすすめ
コーヒーポッドの説明書にも書いてありますが、水出しコーヒーには中細挽きがおすすめだそうです。荒挽きでは抽出効率が悪くできあがりが薄く感じられ、細挽きではストレーナーから微粉が出て粉っぽくなります。

粉を買うときは「中細挽き」を買いましょう。


中細挽きのコーヒー粉
中細挽きのコーヒー粉はこんな感じ。


ストレーナーにコーヒー粉を80g入れる
ストレーナーにコーヒー粉80gを入れます。ストレーナーのメッシュ部分が隠れるぐらいが80gの目安。

僕は1回目に80gでやってみましたがかなり濃くなりました。コーヒー粉によっても変わるようなので、2回目以降は好きなように調整しましょう。僕は今回の豆だと70gぐらいがちょうどいい感じでした。


粉全体が湿るように少量ずつ水を注ぎドリップする
粉全体が湿るように少量ずつ水を注ぎドリップします。水はハンドルの高さの半分までを目安に入れます。


冷蔵庫で約8時間抽出する
あとはフタをして冷蔵庫へ。約8時間ほど抽出します。あくまで目安なので、2回目以降はお好みで調整します。

別に8時間じゃなくても12時間入れててもはっきりとした違いは分かりませんでした。そんなに神経質になる必要はないですね。

この水出しポットのサイズは、幅138 × 奥行94 × 高294mmです。購入前には冷蔵庫の空きスペースを確保しておいてください。


8時間経過後、ストレーナーを外したら水出しコーヒーの出来上がり
約8時間経過後、ストレーナーを外したら水出しコーヒーの出来上がりです。ストレーナーを長時間入れすぎると苦味の原因になるのでご注意ください。

抽出後のコーヒー粉は、水気を切って小さなビニール袋に入れてゴミ箱にポイ。ストレーナーは、残った粉を流して中性洗剤で軽く洗ってすすぐだけ。掃除もラクです。


水出しコーヒーの出来上がり
これで約1リットル分。2日ほどで飲んでしまいますね。


出来上がった水出しコーヒー
出来上がった水出しコーヒー。喫茶店のアイスコーヒーとまではいきませんが、それなりにうまいアイスコーヒーが出来上がりました。


コーヒーのオイルもちゃんと
コーヒーのオイルがちょっと気になりました。粉がちょっと古かったのかな??でもまあ、味はうまいので良しとしておきます。

アイスコーヒーってスッキリしてて夏にぴったりの飲み物ですね!サイコー!

今年の夏は水出しコーヒー三昧!

今回はコスパ最高の豆を使いましたが、酸味が少なくちょい苦目な感じでした。

正直好きな味ではありませんでしたが、まずくもなく普通のアイスコーヒーができました。

今度はもうちょっと良さそうな豆を使ってみようかな。


豆によっていろんな味を楽しめるコーヒー。

まずは水出しアイスコーヒーで、今年の夏は楽しんでみようと思います。

コーヒーって粉より豆で売ってある方が種類が豊富なので、今度は豆にチャレンジしてみるつもり。

ということはミルが必要なので、手動タイプのミルを一つ買ってみようかなー♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。