2017年上半期 Amazon Launchpadストア1位は「なくすを、なくす」たった3gの落し物追跡タグ。

2017年上半期 Amazon Launchpadストア1位は「なくすを、なくす」たった3gの落し物追跡タグ。

あっという間にもう6月。Amazonでは早くも「Amazonランキング大賞2017上半期」が発表されてます。各カテゴリーごとで販売数の多い商品がズラーっとランキング形式でまとめられてます。

その中で気になったのが、2017年1月18日にオープンした革新的なスタートアップ製品を取り扱う「Amazon Launchpadストア」。目新しいものがたくさんある中で、上半期ランキング1位に輝いたのが、たった3gの落し物追跡タグ『MAMORIO(マモリオ)』です。

似たような製品に「TrackR」という海外製のものがありますが(紹介記事 → 無くしたものをすぐ発見!小さすぎる紛失防止キーホルダー(トラッキングデバイス)「TrackR」がすごい)、評判が悪過ぎでした。日本製MAMORIOの評判は?

スポンサーリンク

落し物をスマホで探せるMAMORIO

落し物が多くて困る探す手間を省きたい、とお困りの方はまずこちらの公式動画をどうぞ。

1分30秒の映像です。

▼なくすを、なくす。みんなで、さがす。世界最小の落し物追跡タグ「MAMORIO」

小さくてデザインも可愛いし、なかなかいい感じですね。

MAMORIO(マモリオ)の特徴

MAMORIO(マモリオ)の特徴

  • 有効距離は約30メートル。MAMORIOが手元(Bluetooth接続してるスマホ)から離れるとスマートフォンにお知らせが届く。
  • 30m以上離れた場合も、他のユーザーがMAMORIOに近づくとその場所がわかる「みんなでさがす」機能で見つけられる。
  • MAMORIO Spotというセンサーが駅や街に設置されていれば、なくしたものがそのセンサーに近づいたら(電車内に忘れたものが駅に近づく、拾った人が持ち歩いているなど)場所を通知してくれる。

みんなで探す機能や、MAMORIO Spotは、周りにユーザーがいないと話にならないので、東京ならまだしも、熊本だとかなりユーザーは少ないと思うので、まず使えないでしょう。これは今後に期待。


本体はかなり小さい 財布にもすっぽり入る
本体は、縦35.5mm × 横19mm × 厚さ3.4mmで、重さはわずか3g。

財布の中でもすっぽり入ります。その他、キーケースにつけたり、カメラ、PC、USBメモリ、バッグ、などなど本体が小さいのでいろんなものに取り付けられます。

面白いのが、企業とのコラボ。

東急電鉄、エーザイ、JALなどの大手企業とコラボして、紛失防止だけじゃなく、街を徘徊している認知症患者を見つけたり地域の小学生を見守ったり社内の備品管理として利用する企業が増えていること。これはいいですね。社会貢献につながる素晴らしい取り組みです。


MAMORIOのカラーバリエーション
カラーバリエーションは、ブラック、レッド、ブルー、イエロー、グレイの5色。いろんな場面でも使えるように、豊富なカラーが用意されてます。

Amazonのレビューを見てると、まだまだサポート体制が心配という声が多いです。スタートアップなので、そこは仕方がないかなという感じ。

僕が住んでる熊本にもSpotができる日を待ってます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。