多機能で1年中使える日立のDCモーター扇風機『HEF-DC5000』狙い目は去年のモデルDC4000!

多機能で1年中使える日立のDCモーター扇風機『HEF-DC5000』狙い目は去年のモデルDC4000!

低価格のACモーターモデルが中心だった扇風機も、最近ではバルミューダのDCモーター扇風機が発売されてから、風がより気持ちいい高機能の扇風機が目立つようになってきました。

ACモーターモデルに比べて、高い価格のDCモーターモデル。ただ、価格以上に、耳を済まさないと聞こえないほどの静音性だったり、空気を攪拌してくれる可動域の広い首振り機能、さらには室温を感知して風量を自動で切り替えてくれるなど、目覚ましい進化を遂げてます。

そんなDCモーターモデルの扇風機の中で、風の質から使い勝手まで考え抜かれた、1日中どころか1年中使える扇風機が、日立の『HEF-DC5000』です。

スポンサーリンク

日立のハイエンド扇風機 HEF-DC5000

どんな扇風機か知りたい方は、まずはこちらの公式紹介動画をどうぞ。

約3分半の映像です。

▼ 扇風機(ハイポジション扇 DCモーター)HEF-DC5000

リビングやオールシーズンで使えるハイエンドの扇風機。真上にも動くのがいいですねぇ

冷暖房との組み合わせで、より快適な空間を生み出すことができます。

HEF-DC5000の特徴 長い時間使っても体にやさしいベストな扇風機

HEF-DC5000 の特徴

HEF-DC5000の主な特徴がこちら。

  1. 広く部屋に行き渡る体にやさしい風。
  2. 就寝時のおやすみモードは、やさしい風で体温をキープしてくれる。うちわ風の微風は就寝時に最適。涼しいのに寒くならない。
  3. 好みの位置に風向きを調節できる「こっち向いてボタン」
  4. サーキュレータとしても使える「上方向角度調節約90°」
  5. 旧型のHEF-DC4000だとコスパもGood!

日立オリジナルのDCモーターならではの風質は、日中でも就寝時でも快適で、ちゃんと涼しいのに風のあたりがやわらかい。長い時間、扇風機を使い続ける場合でも体にやさしい、ベストな扇風機です。


夏はエアコンの冷気を効率よくかくはん
上下左右、最大90°で角度調節が可能。かくはん性も十分なので、夏でも冬でも部屋全体を快適にしてくれる、1年中使える扇風機です。


快適に操作できるタッチキーを採用
操作パネルは緑色のLEDを採用。視認性が高く、動作状況がわかりやすい表示パネルです。

操作部は指でふれるだけで快適に操作できるタッチキーを採用してます。また、本体に収納できるコンパクトなリモコンも付属してます。

現行モデルHEF-DC5000はちょっと高い。狙い目は旧型のDC4000!

これだけ高機能で年中使える日立の扇風機。

ACモーターモデルの販売価格が5,000円前後なのに対して、DCモーターモデルは軽く20,000円を超えてきます。今回紹介した日立のHEF-DC5000も、Amazonでは20,000円前後で販売されてます。

もうちょっと安くならないかなぁと調べてみると、Amzonで旧型の2016年モデル『HEF-DC4000』が、16,800円で販売されてます。(2016年6月22日現在)

HEF-DC4000
DC5000と何が違うのか調べてみると…

  • お顔のデザインがブラック
  • こっち向いてボタンがない

大きな変更点は、この2つのみ。


DC5000とDC4000のリモコン
左がHEF-DC5000のリモコン。右はHEF-DC4000。違いは「こっち向いてボタン」の有無のみ。


個人的にはブラックの方が好みだし、こっち向いてボタンは正直なくてもいい。リモコンで首振りできるし、自分のところに向くまでちょっと我慢すれば済むだけ。

というわけで、上記2点が全く気にならないなら、2016年モデルがオススメです。

うちにはACモーターの扇風機が2台あるんですが、子供2人が夏になると取り合いするので、すぐボロボロになるんですよね。今度買い替えるときは、DCモーターの扇風機にグレードアップしてみよう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。