ウォールナット材を使った10万円の超高級扇風機 パナソニックの『RINTO(リント)』は素晴らしい造形美。

ウォールナット材を使った10万円の超高級扇風機 パナソニックの『RINTO(リント)』は素晴らしい造形美。

25年以上研究を費やした「1/f ゆらぎ」で長時間あたっても疲れにくい風を実現

過去に3万円の高級電卓を紹介しましたが、今度は10万円以上する超高級扇風機です。来年、創業100周年を迎えるパナソニックが、25年以上にわたって研究を続けてきた「1/f ゆらぎ」の自然風を実現したリビング扇風機『RINTO(リント)』。

高級楽器屋家具に使われるウォールナットの木材を使用し、外見からは一切のネジヤビスも見えない素晴らしい造形美を実現したプレミアム扇風機です。

スポンサーリンク

プレミアム扇風機RINTO 公式紹介動画

10万円以上の扇風機ってどんなものか気になる方はこちらの公式紹介動画からどうぞ。

2分17秒の映像です。

▼ プレミアムリビング扇RINTO (F-CWP3000)【パナソニック公式】

星野リゾートとか高級旅館に似合いそうな扇風機ですね。

プレミアム扇風機RINTO 特徴

プレミアム扇風機RINTO 特徴
「上質」にこだわり抜いたプレミアム・リビング扇RINTO(リント)。扇風機の「凛と」してる姿をネーミングにしたんでしょうか。その特徴がこちら。

  • 25年の研究で「1/f ゆらぎ」の自然風を実現
  • 木材は、高級家具に使われる世界三大銘木のウォールナット材を使用
  • 木材の支柱は猟銃作り100年の歴史を持つ熟練の職人による手作り
  • 木材の選定から加工・仕上げまですべて熟練の職人が手がける
  • 背面モーターの小型化により実現したスリムなデザイン
  • 羽根には、気品漂うべっ甲色を採用
  • 磁器のような風合いで思わず手が伸びる、滑らかな手触り
  • これまでの扇風機にはなかった“触れる歓び”を感じさせる

ウォールナット材磁器のような風合い、いいですねー。

全高は一般的な扇風機よりもかなり高い113.6cm。この高さと、ウォールナット材・べっ甲色の羽・磁器ような操作部、これがスリムで凛とした印象を与えてるんでしょうね。


Rinto 世界三大銘木 ウォールナット
世界三大銘木 ウォールナットを使用。


Rinto 懐かしさや愛着を感じさせるべっこう調の羽根
懐かしさや愛着を感じさせるべっこう調の羽根。これだけでも美しい。


Rinto あらゆる角度の美しい立ち姿
モーター部分が小型化されてるので、あらゆる角度でも美しい立ち姿を実現しました。


日本の技術が詰め込まれた10万円のプレミア扇風機。あなたのリビングに1台どうですか?

うちのリビングには合わないだろうな。2,000円ちょっとのAmazonベストセラー1位になってる山善さんの扇風機がちょうどいいです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。