割り切って使うなら最強の高コスパタブレット『fire 7』『fire HD 8』新モデルが登場

割り切って使うなら最強の高コスパタブレット『fire 7』『fire HD 8』新モデルが登場

新しくなった高コスパタブレット『Fire シリーズ』

Amazonの安すぎるタブレット『Fire シリーズ』の2モデルが薄く、軽くなって新登場してます。新しくなったのは7インチの『Fire 7』と8インチの『Fire 8』タブレット。プライム会員限定価格なら4,000円引きで買えるので、最安モデルなら4,980円という驚くべき安さ。

僕も7インチの旧モデル使ってますが、映画やテレビ番組をダウンロードしまくって動画専用端末として使ってます

スポンサーリンク

新モデルの変更点

何が変わったのか、旧モデルと比較してみました。

Fire 7の変更点。

  • Wi-Fi:シングルバンド → デュアルバンド
  • バッテリー:7時間 → 8時間
  • サイズ:191 x 115 x 10.6mm → 192 x 115 x 9.6mm
  • 重さ:313g → 295g
  • microSDカード:200GBまで → 256GBまで対応

Wi-Fiがデュアルバンドになって繋がりやすく、バッテリーも長持ちするようになりました。わずかですが、薄くなって軽くなってます。SDカードが256GBまで対応しました。


Fire HD 8の変更点。

  • サイズ:214 x 128 x 9.2mm → 214 x 128 x 9.7mm
  • 重さ:341g → 369g
  • microSDカード:200GBまで → 256GBまで対応

なぜか、Fire HD 8は厚くなって重くなってる…。良くなったのはSDカードが256GBまで対応したことぐらい。

買うなら最強コスパの『Fire 7』8GBモデル

買うなら最強コスパの『Fire 7』8GBモデル
買うなら一番安いFire 7の8GBモデルがオススメ。内臓ストレージは8GBですが、Fire タブレットはiPadとは違ってmicroSDカードが使えます。しかも256GBまで使えるので、何個も挿し替えて使えばストレージは無制限に利用できます。

また、Amazonプライム会員なら約3,000万の豊富な映画、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームを利用し放題。僕は映画をダウンロードしまくって外出時の動画専用端末として使ってます。子供との長距離ドライブには必須のタブレットになってます。

それ以外はほとんど使ってません。タブレットを使ってインターネットしたり写真撮ったり、メールしたり、仕事でも使いたいならiPadを使ってください。これホント。Fireタブレットは安いだけあって、動画を見るのとKindleでコミックを読む以外は正直使えません。使えないことはないんですが、iPadやiPad miniと比べると快適じゃありません。

全部はできないけど、割り切って使うには最強のタブレットです。間違いありません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。