家電は声で操作する時代へ。Amazonのタッチスクリーン付きAIスピーカー Echo Show(エコーショー)発表。

  • 更新:
  • 公開:2017.5.20
  • by
  • カテゴリ:Amazon

Amazon Echo Show(エコーショー)発表!タッチスクリーン、動画再生、ビデオ通話でリビングが変わる!?

AIによって家電を操作する「ボイスコンピューティング」。その先頭を走っているのが音声アシスタントAlexa(アレクサ)を搭載したAmazonの音声スピーカー、『Echo(エコー)』。アメリカでは、Amazon EchoとEcho Dot(エコードット)が2年間で800万台以上も売れており、ボイスコンピューティングが徐々に一般化しつつあります。

そんなエコーデバイスの新型、Echo Show(エコーショー)が発表されました。エコーシリーズでは初めてタッチスクリーンが搭載され、動画の再生やビデオ通話も可能になりました。

スポンサーリンク

Echo Show(エコーショー)って何?公式紹介動画

Alexa?Echo?って方は、まずAmazonの公式紹介動画をどうぞ。

どんなデバイスか、詳しく紹介されてます。英語ですが使う場面がどうなのかは分かります。

4分50秒の映像です。

▼ Introducing Echo Show

お〜、むちゃくちゃ生活に馴染んでるな、Echo Show。それにしても、Alexaの英語が滑らかすぎ。どれが人間でどれがAlexaか、最初分からんかった。

ビデオで演じられてるAlexaがある生活はこんな感じ。


双子を育児中の夫婦。母から電話がかかってきて音声で許可。ビデオ通話する。

孫とおじいちゃん。孫は動画を見ながら壁紙作成。おじいちゃんはYouTubeに助けを求める。声で指示して再生。

双子と夫婦。両手が塞がってて、音声でオムツ注文。ついでにゴム手袋も。

孫がお母さんとビデオ通話。家の中の様子が丸わかり。

双子と夫婦。鳴き声が聞こえる子供部屋を映すよう指示。

孫とおじいちゃん。部屋の電気を消すよう指示。うまくできた壁紙をおばあちゃん見せるためビデオ通話。

双子と夫婦。子供を寝かしつけるため音楽再生を指示。予定を追加を指示。

Echo Show(エコーショー)で何ができる?

Echo Show(エコーショー)で何ができる?
Echo Showでは、大きく分けて以下の4つのことができるようになります。

  • 音楽再生
  • 友達や家族とビデオもしくは音声通話
  • ビデオや映像の視聴
  • 家電の操作

タッチスクリーンが搭載されたことにより、家電を操作するだけでなく、ビデオ通話や動画の視聴が可能になりました。音楽再生、天気やスケジュールを音声で操作するだけでなく、視覚的に確認することもできるようになりました。

操作性が格段に向上してます。


Echo Show(エコーショー)のスペック
Echo Showのスペック。7インチのタッチスクリーン搭載。フロントには500万画素のカメラと2つのスピーカー。

上部にボリュームボタンとカメラのオンオフボタン。ボタン周りに8つのマイクも内蔵されてます。

背面の下に電源ソケットが1つ。


必要最低限のシンプルな構成です。アメリカでの販売価格は229.99ドル。6月28日発売です。

日本にはまだ音声スピーカーのAmazon Echoも発売されてないので、Eho Showも日本で使えるかどうかはまだ未定です。

Amazonすごいなぁ。Appleがどんどん後追い企業になっていくのを見るのがちょっとつらい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。