要注意!Apple Payのカード情報が消えた時の対処方法

要注意!iPhoneで登録してたはずのApple Payのカード情報が消えた時の対処方法

Apple Pay使おうとしたら…カード情報が消えてて使えなかった。

つい先日、ゲオでNintendo SwitchのProコントローラーを買おうとした時のこと。レジで「Quick Payでお願いします」と伝えて普段通りiPhoneを端末にかざす。いつもなら「Quick Pay!」という機械音が鳴るはずなのになんの反応もなし。iPhoneの画面でもWalletアプリが起動してない…。

店員さんが怪訝な顔してるのでちょっと焦る。ちょうど財布にそのクレジットカードが入ってたので、冷静を装いカードをかざすと「Quick Pay!」と反応して決済完了。ほっとして店を後にしてiPhoneのWalletアプリを見てみると、登録しているカード情報がなくなってました

スポンサーリンク

iCloudのサインイン・サインアウトでカード情報が消される?

Walletアプリを見てみると、クレジットカードやプリペイドカードが何も登録されてない初期状態に戻ってました。

原因を調べてみると、どうもiCloudのサインイン・サインアウトが原因らしい。iCloudアカウントからサインアウトすると、Apple Payが無効になりカードが削除されます。でも、ここ最近、iPhoneでiCloudをサインアウトした記憶もない。もちろん、iCloudの設定で、Walletをオンオフした記憶もなし。

さらに調べてみて、ようやく原因が判明。僕の場合はこれでした。

パスコードをオフにするとApple Payカードは削除されます
ちょっと前にiPhoneのパスコードをオフにしたのが原因でした。

Touch IDの調子が悪かったので再登録したり、パスコードを一時オフにしたりパスコードを変更したりと、iPhoneをいじってた時がありました。その時にこのエラーに気づかなかったんでしょう。

上記エラーには、Apple Payカードは削除されると書いてありますが、実査には最後に登録しているカードの履歴は残ってました。そこから復帰すれば簡単です。

Apple Payで消えたカード情報を復活させる方法

iPhoneでWalleアプリを開きます。

Apple Payで消えたカード情報を復活させる方法
Apple Payの右上にある「+」または真ん中あたりの「カードを追加」をタップ。

次の画面では右上の「次へ」をタップ。

Apple Pay カードを追加
今回はクレジットカードだったので、「クレジット/プリペイドカード」をタップ。

すると、「登録履歴のあるカード」が表示されるので、そのクレジットカードのセキュリティコードを入力して右上の「次へ」をタップ。

あとは流れに沿って進めば登録完了です。

Apple Pay にクレジットカードを登録完了
登録したカードに合わせて使える決済方法が異なります。今回は、Orico Card THE POINTだったので、QUICIPayが使えるようになりました。

まとめ

今回は、手元にクレジットカードがあったからよかったものの、iPhoneだけ持って外出してた場合はアウトでした。

ランニングする時にApple Payでポカリやアクエリアスを買う時があるので、その時じゃなくてよかったです。

iPhoneだけ持って外出し、Apple Payで何か買い物をする予定がある場合は、家を出る前に一度Walletアプリを起動して確認しておくと安心ですね

iCloudのサインイン・サインアウト、パスコードをオフにした時はご注意を。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。