やりこみ要素ありすぎ!ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド、130時間でクリアも達成率わずか31.43%。

  • 更新:
  • 公開:2017.4.19
  • by
  • カテゴリ:ゲーム

やりこみ要素ありすぎ!ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド、130時間でクリアも達成率わずか31.43%。

久しぶりのRPG。ハマったハマった130時間!

いや〜、とにかく面白かった!ゲームから離れて10年以上ぶりにプレイしたRPG、Nintendo Switchの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。どこにでも行けるゼルダの世界観、嫌味のない豊富なキャラクターたち、すぐ壊れる武器、癒されるBGM、バトルや謎解きなどの飽きさせないゲームシステム、もうすべてが好きになったゲームです。あ、ロードに時間がかかるのだけは不満ね。

さらに良かったのがゲーム本体。Nintendo Switchならではの、テレビモードでも携帯モードでもすぐにプレイできる機動力の良さ。スリープからプレイ再開までが超速い。そのおかげで、ちょっとした空き時間でもサクサクプレイできました。

先月の3月16日から〜4月18日の34日間、トータル130時間でようやくクリアしました。本当はまだ色々やり込みたいところもあったけど、一旦クリアしたので感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

以下、ちょっとネタバレもあるので、まだクリアしてない方はスルーで。

1日平均3.8時間プレイ!トータル130時間でも達成率わずか31.43%

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド プレイ開始
3月16日にプレイ開始。この美しい世界に一気に引き込まれました。

個人的に一番好きだったのがイーガ団攻略。

イーガ団のコーガ様
ボスのコーガ様はそんなに強くないんだけど、そこにたどり着くまでのイーガ団アジトの攻略が面白かった。強い部下に見つかって何度殺されたか...。メタルギアソリッドを思い出させるハラハラドキドキ感が良かった。

古代兵装のリンク
いろんな武器や防具をまとってきたリンク。最後は古代兵装でクリアしました。装備している武器や防具がムービーにそのまま反映されます。

試練の祠120個を全部クリアすると「息吹の服」というリンクのあの緑色の装備がもらえるので、今度はそれ着てクリアしてみたい。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド エンディング
4月18日の夜にクリア!エンドロールが流れて、エンディング最後の画面。

休みの日や夜中にまとめてプレイして、メインチャレンジやミニチャレンジをやりこみ、祠にもたくさん行って、コログの実もかなり集めたつもりなのに、達成率はわずか31.43%でした。

1度クリアすると、マップの左下に達成率が表示されるようになります。

マップの左下に達成率が表示される
クリア後は、「31.43/100%」と表示されました。


プレイ時間はNintendo Switchのマイページで確認できます。

Nintendo Switchのマイページ
マイページ」の「プレイ記録」にプレイしたゲームの時間が表示されてます。ゼルダの伝説は「130時間以上プレイ」と表示されてます。

クリア後のやりこみ要素

クリア後のやりこみ要素としては...

  • 試練の祠120箇所クリア
  • 防具装備をコンプリート
  • 「ガノン討伐」以外のメインチャレンジ14個クリア
  • ミニチャレンジ全76個クリア
  • ウツシエ図鑑コンプリート
  • コログの実900個コンプリート

これ全部やると100%に限りなく近づきそう。ただ、コログの実900個はさすがに無理だな。


余談ですが、巷ではゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのRTA(リアルタイムアタック)が流行ってますが、達成率100%のRTAをやり遂げた強者が現れてます。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』世界初、100%スピードクリアを達成するユーザー現る。タイムは約49時間 | AUTOMATON

これマジですごい。コログの実900個だけでも何時間かかることやら。

まとめ Nintendo Switchは現代に最適なゲームハード

Nintendo Switchはお気に入りのゲームハード。
ゲームに130時間もかけてどうすんの?というツッコミが聞こえて来そうですが、正直僕もゼルダをやる前は同じ気持ちでした。時間がもったいない、本を読んだり仕事したり、他にすることあるだろ、と。

でも、ゼルダの世界観が本当に気持ちがいいんです。バトルして敵を倒す爽快感、心地よいBGMで駆け回る大自然。ゲームをやっててなんか癒されるような感覚になってしまう。

さらに、それを実現したNintendo Switchというハードも素晴らしい。昔はテレビの前でしかできなかったゲームが、気分によってテレビでやったり、そのまま手持ちで、またはテーブルモードでみんなでワイワイと。

僕の場合は、普段仕事しているデスクの上に置いて、ちょっと時間が空いたらプレイ。また、子供がテレビでゼルダしたいという時は、テレビの前に設置しているドックにセットしコントローラーを外せば準備完了。綺麗な画面をみんなで共有できる。

どこでもプレイできることが当たり前になった現代にぴったりなゲームハードです。さらに、画面保存ボタンでキャプチャした画像をTwitterなどの各SNSに投稿できるのもいいですね。


ちなみに、ハラハラドキドキして手汗をたっぷりかくと、コントローラーや本体の裏が汚れまくります。でも、固く絞ったタオルで拭き取ればすぐに元どおりに。ディスプレイも、子供が使った後は謎の汚れがたくさんついてるけど、それも同様に拭けばキレイになります。

毎回拭き拭きしてるので、ガジェットへの愛着が拭くたびに湧いて来てます。

まだやったことない人、ぜひプレイしてみてください。いい息抜きになること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。