ぴったり!iPad(第5世代) を裸で使うからサンワサプライのシンプルなスリップインケースを購入

ぴったり!iPad(第5世代) を裸で使うからサンワサプライのシンプルなスリップインケースを購入

iPadを裸で使うなら保護用にスリップインケースが最適!

3月末に購入した第5世代の新iPad。購入当初から液晶保護フィルムやケース、さらにはスマートカバーもつけずに裸で使ってます(自分じゃなくてiPadを)。その代わりに使っているのが『サンワサプライ スリップインケース』です。

同じシリーズのケースをMacBook Air 11インチでも使ってますが、すっぽんぽんのMacBook AirやiPadを優しく包み込み、傷や衝撃から守ってくれてます

スポンサーリンク

シンプルで使い勝手がいいスリップインケース

サンワサプライ スリップインケース
今回購入したのは9.7インチiPad Air 2用のスリップインケース。同じディスプレイサイズのiPad Proでも使えます。第5世代のiPadは、iPad Air 2より1.4mm厚みが増してますが、当然これでも使えます


傷や衝撃から守り、出し入れ簡単
傷や衝撃からiPadを守り、伸縮性も高いので出し入れが簡単。さらに、ファスナーや留め具がないのでケースでiPadを傷つけることもありません。

素材は合成ゴム素材の「ネオプレン」を使用。強度があり、耐熱性や耐寒性にも優れているため、ダイビング用のウェットスーツとしても使われてます。クッション性も高いのでPC保護ケースにもよく使われている素材です。使い始めだけちょっと化学繊維の独特な匂いがしますが、数日使ってたらなくなりました。


スリップインケースの特徴
裸のままでも入りますが、カバーをつけたままでも収納可能。これに入れてバッグに放り込んでも、他のものでiPadを傷つけることもありません。iPad裸派にとっては持ち運びには不可欠なアイテムですね。


シンプルなスリップインケース
シンプルなデザイン。オレンジのタグには「neoprene tech」と刺繍されてます。


スリップインケースの裏面
裏面もいたってシンプル。


iPadがすっぽり入る大きさ
iPadがすっぽりと入る大きさです。


iPad 9.7インチにジャストフィット
中に入れた状態がこれ。9.7インチのiPadがジャストフィット。


軽く入れるとちょっと角が見える
軽く入れると角がちょっと見えます。さらにグッと押し込めばすっぽり隠れますよ。


ケース入り口
iPadを入れた状態の出し入れ口はこんな感じ。


出し入れ口が大きいので簡単に取り出せます
出し入れ口が大きいので簡単に取り出せます。


iPadにはケースをつけずに使ってるけど、持ち運ぶ時はちょっと心配って方に最適なケースです。

僕はどこに持ち運ぶにもこれを一緒に持って行ってます。取り出した後も、この上にiPadを置けば多少雑にiPadを扱っても傷がつく心配もありません。

値段も約1,000円と手頃なのでケースを探しているつなぎとしても使えますね。ウェットスーツと同じ素材なので、汚れても手軽に洗えるのもいい。オススメのケースですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。