逃げ恥のエンディングで使われてた照明『Lumioシリーズ』に小型で軽量、iPhoneも充電できるmini+が登場。

逃げ恥のエンディングで使われてた照明『Lumioシリーズ』に小型で軽量、iPhoneも充電できるmini+が登場。

本をモチーフにした充電式ポータブルランプ『mini Lumio+』

昨年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングで使われてた照明Lumiosf(ルミオエスエフ)』。本をモチーフにした充電式のポータブルランプで、表紙の開閉により点灯・消灯し、開ける角度によって明るさを調整できる面白いデザインの照明です。表紙には強力な磁石が内蔵されており、金属面に取り付けたり、360度開いて表紙同士を合わせて自立させたりと、ユニークな使い方も可能。

そのLumioシリーズに、小型・軽量化され、iPhoneなどのスマートフォンへの充電機能がプラスされた『Mini Lumio+』が登場してます。

スポンサーリンク

本型のユニークな照明『Mini Lumio+(ミニルミオプラス)』

どんな照明か知りたい方は、まずは公式の紹介動画をどうぞ。

1分の映像です。

▼ mini Lumio+ Intro Video HD

逃げ恥の照明が小さくなってiPhoneも充電できるようになった

逃げ恥の照明が小さくなってiPhoneも充電できるようになったmini Lumio+
デザインを手がけたのは、インドネシア出身で米サンフランシスコ在住の建築家/プロダクトデザイナーであるMax Gunawanさん。

Gunawanさんによると、今回のコンパクト化は日本のユーザーからの要望により実現したもの。ただ小さくするだけでなく、さらにスマートフォンの充電機能をプラスしたため、商品名に「mini」と「+」がついたんですね。

表紙には製本に使われるバックラムという素材を使用。手触りが良く軽い素材で、本のように繰り返し開閉したり、持ち運ぶ際の耐久性に優れています。

付属品:ライトニング+USBケーブル、保証書(6ヶ月保証)
明るさ:高出力LED、250ルーメン、2700K (暖白色)
バッテリー容量:7,400mAh

※フル充電でライトは約9時間点灯し、充電は約7-8時間。モバイルバッテリーとしてモバイル機器(iPhone6:約1,700mAh)へ約4回分の充電が可能です。

インテリアにはもちろん、アウトドアでも使えるおしゃれなLED照明ですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。