構成済みのAirMacベースステーションが見つかりませんでした。と表示された場合の対処方法。

  • 更新:
  • 公開:2017.4.27
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

構成済みのAirMacベースステーションが見つかりませんでした。と表示された場合の対処方法

AirMac ExtremeがAirMacユーティリティで見つからなくなった…

特に不具合はなかったんだけど、もうかれこれ1年以上も再起動してなかったうちのルーター(AirMac Extremeを使ってます)。ふと思い出したら再起動しないと気が済まなくなったので、サクッとやっておこうとAirMacユーティリティを起動してみると…。

構成済みのAirMacベースステーションが見つかりませんでした。検索を続けます。

と表示され、一向にAirMacベースステーションが出てくる気配なし。あら?どこいった?うちのAirMac Extreme。ただ、ご覧の通りインターネットは緑になって繋がってる。以前設定したWi-Fiや有線でのネットワークは有効になったまんま…。ん〜、なんか気持ち悪いし、これじゃ再起動もできないしアップデートがあってもできないので、一旦リセットすることにしました。

結論から言うと、ちょっと面倒な感じもしますが、Wi-Fiネットワーク名とパスワードを以前のものと同じように設定すれば、iPhoneなどのデバイスで新たに再設定することはありません。

スポンサーリンク

AirMac Extremeをリセットする方法

AirMac Extremeをリセットするにあたって、Appleの公式サイトを参考にしました。

ソフトリセット


  1. デバイスを電源に接続し、起動プロセスが完了するまで待ちます。
  2. ペン先、鉛筆の芯、または伸ばした紙クリップを使って、1 秒以上、リセットボタンを押し続けます。ランプがオレンジ色になって点滅し、デバイスがソフトリセットモードに切り替わったことが示されます。
  3. AirMac のメニューバー項目から、デバイスで作成したネットワーク (ネットワーク名は同じ) を選択します。
  4. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」と選択し、AirMac ユーティリティを開きます。
  5. ベースステーションを選択したら、「編集」をクリックします (「編集」ウインドウにベースステーションがソフトリセットモードであることが表示されます)。
  6. タブを切り替えて、必要に応じてパスワードやほかの設定を変更し、「アップデート」や「続ける」を適宜クリックします。
  7. AirMac ユーティリティを終了します。

ハードリセット

  1. ペン先、鉛筆の芯、または伸ばした紙クリップを使って、5 秒以上、リセットボタンを押し続けます。LED ランプがオレンジ色になり高速で点滅し始めたら、ボタンを放します。
  2. これで、デバイスがハードリセットされます。
  3. ベースステーションが完全に再起動するまで 1 分ほど待ったら、「アプリケーション」>「ユーティリティ」と選択して AirMac ユーティリティを開きます。
  4. 「その他の Wi-Fi デバイス」からベースステーションを選択して、「編集」をクリックします。
  5. 「その他のオプション」ボタンを選択します。
  6. 「以前の設定に復元」を選択して、最後のウインドウまで「次へ」をクリックします。
  7. AirMac ユーティリティに設定が完了したことが表示されます。「完了」をクリックします。
  8. AirMac ユーティリティを終了します。

AirMac ベースステーションのリセットに関してよくお問い合わせいただく質問 (FAQ) - Apple サポート

今回、僕がやったのがソフトリセット。一旦、ソフトリセットでAirMac ExtremeをAirMacユーティリティで認識できるようにして、新たに以前と同じネットワークを作成しました。


以下、再設定の流れです。

AirMac Extremeの背面にある小さなリセットボタンをつまようじで1秒以上押すと、緑だったランプがオレンジ色に点滅→点灯に変わります。

MacでAirMacユーティリティを見てみると…

AirMacユーティリティの状態
緑だったインターネットがオレンジに変わり、左上の「その他のWi-Fiデバイス」の最後に「(1)」が新しく表示されました。


AirMac Extremeを再設定
「その他のWi-Fiデバイス(1)」をクリックして、新しく表示された「AirMac Extreme 〜」をクリックします。


AirMac Extremeでネットワークを作成します
「このAirMac Extremeでネットワークを作成します。」と表示されるので、以前設定したものと同じ内容でネットワークを作成。Wi-Fiの名前も同じ名前に設定しました。

これで設定完了と思ったら…。

AirMac Extremeのネットワーク名の右側に赤丸の1が表示
AirMac Extremeのネットワーク名の右側に赤丸で数字の1が表示されてました。


アップデート
バージョンが7.7.7でしたが、アップデートがあるようです。「アップデート」をクリックして、7.7.8にアップデートしたら作業完了です。


今回、MacBook Airで設定しましたが、設定完了後に同じネットワークにあるiMacでAirMacユーティリティを見てみると、こちらでもちゃんと認識されてました。

これでようやく一安心。

ルーターの設定を再設定しただけなので、iPhoneやiPadなどのWi-Fiの設定は何も変更せずにそのまま繋がりました。

AirMac ExtremeやAirMac Express、AirMac Time Capsuleで同様の症状が出た場合はソフトリセットをお試しを。状況によってはハードリセットや工場出荷時のデフォルトリセットが必要になるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。