YouTubeの動画をキーボードで操作する方法

YouTubeの動画をキーボードで操作する方法

YouTubeをキーボードで簡単コントロール!

今や情報収集するには不可欠になったYouTube。欲しい商品があれば、必ず動画のレビューを見て判断するし、最近ではジョギングやサッカーなどスポーツのハウツー動画もよく見るようになりました。いやぁ、便利です。

見るときにはマウスでも操作できますが、キーボードの操作方法を使えば情報収集がもっと捗りますよ。僕が普段使ってるキーボードショートカットをまとめてご紹介。

スポンサーリンク

10秒スキップはかなり便利

10秒スキップはかなり便利
Amazonのプライムビデオを見るようになってからよく使うようになった10秒の早送りと巻き戻し。(画面は今ハマってるNintendo Switchのゼルダの伝説。)

同じ機能がYouTubeにもないかなぁと思ったのがきっかけで、今ではYouTubeをキーボードだけで操作するようになりました。

以下すべてMacのSafari、Chromeで動作確認済み。おそらく他のOS、ブラウザでも動作すると思います。

※キーボードで操作するには、動画部分を1度クリックして動画を操作対象にしておくと確実に動作します。(動画をクリックすると一時停止するので、もう一度クリックして再生してください。)


再生・停止:スペースキー または K

動画を10段階で移動:1〜9(例:1だと10%の位置、5だと50%の位置に移動)

5秒スキップ:→
5秒巻き戻し:←

10秒スキップ:L
10秒巻き戻し:J

フルスクリーン表示:F

音量アップ:↑
音量ダウン:↓


これだけで、ほぼすべての操作ができるようになります。

特に10秒スキップ(早送り)と巻き戻しは、とてもよく使うショートカットです。

あと、10段階で移動するのもよく使うかな。

覚えておくと便利ですよ。お試しください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。