Nintendo Switch 本体が売ってない!? 買えない!? ゼルダを見てから欲しくなり、探しまくって購入するまで。

  • 更新:
  • 公開:2017.3.15
  • by
  • カテゴリ:ゲーム

Nintendo Switch 本体とホリのケース

品切れ続出のニンテンドースイッチを手に入れた方法

2017.6.9 追記:予約もできる販売サイトをまとめました。
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)が買えない方のための販売サイト一覧。一体いつ買えるんだ?|SKEG*log

やっと買えた...。一緒に買ったのはホリの対衝撃設計のケース。安心感があっておすすめ。

さて、最初は気にもしていなかったNintendo Switch。3月3日に発売され、いろんなレビューや動画を見るうちに芽生え始めたのが「あ、ゼルダの伝説やりたい...」という気持ち。FF10やドラクエ8を最後にゲームから離れて10年以上。もう本格的なゲームは卒業したつもりだったのに...。ゼルダの世界観を見てからはどうしてもやりたくなってしまいました。そんな人多いんじゃないかな。

ようし!久しぶりにハード買うぞ!と決めたものの、ネットやゲーム専門店を探してもほとんど完売。発売前の予約だけで埋まっているような状況でした。そこで、僕がなんとか手に入れるまでに探した場所を含め、品薄にもかかわらずこれからニンテンドースイッチを購入したい!という方向けに、購入するならどこが穴場なのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

ゼルダはRPG作品史上、最高傑作になるかも

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、RPG作品の中で最高傑作になるかもしれません。いろんなゲームレビュー見てもよーく褒めてあります。素晴らしいゲームデザイン、果てしない自由度、完璧なプレイシステム、心洗われるサウンドと効果音などなど。

初めてプレイ動画を見た時にはゲームってここまで進化してるのかと正直驚きました。それと同時に感じたのは、

自由気ままにゼルダの世界を満喫したい!

ということ。

ニンテンドースイッチのゼルダを知らない方はまずこちらの動画3本をどうぞ。僕はこの動画を見てゼルダを買うことを決めました。多分これからもずーっと語り継がれる名作になるでしょう。

▼ ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 3rd トレーラー

この見えてる世界に全部行けます、遊べます。すごい。

ほぼ無限にどこでもいけます。(広大なマップの端まで行けば、さすがに行き止まりにはなります。)


以下の2本はちょっとだけネタバレあり。まぁ、ゲームの序盤だけなので僕は気にせずに見ました。ゲームの仕組みや世界観がよーく分かりますよ。


▼【神ゲー】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の面白さを全力で解説するわ!前編

楽しいのがビンビン伝わってくる動画。


▼ ゲームセンターDX 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

こちらはWii Uでプレイしてますが、中身は一緒。

こちらも良動画。面白そうなのがよーくわかります。

不毛な店舗巡り...なんでどこにも売ってないんだ!

今回、僕が回った店舗は以下の通り。

  • ヤマダ電機
  • コジマ電気
  • ゲオ
  • ミスターマックス
  • ドンキホーテ

一番最初に行ったのがゲオ。3月10・11日に追加分が入荷するという情報があったので3月10日の午前中に近所のゲオ2店舗に突入しました。個人事業主はこういう時は時間の融通がきいていいなぁと実感。しかし結果はあえなく撃沈。「まだ入荷していない」「配送がいつになるかは分からない」ということでした。店頭での予約も受け付けなし。

店員さん曰く、先週末に入荷したのは8台で、配送も午前中になるのか夕方になるのかは分からないとのことでした。8台入荷した時はあっという間に売れてしまったようです。なんで予約受付してくれないのかなぁと思いましたが、店側の立場で考えるとわざわざ予約受付して届いて客に電話するとか、まぁ面倒くさいだろうなと。すぐ売れるんだし、わざわざそんな手間をかける必要ないもんね。

その後、土日も含めて何度か上記店舗を回るものの、どこも在庫切れ。はっきり言って、探してる時間は不毛の時間です。徐々に時間がもったいないと思うように...。もう任天堂の君島社長のこの言葉を信じて、しばらく店を回るのはやめることに。3月末には買えるかなと。

発売当日にお渡しできるものは、あっという間に予約でなくなりました。国内なら1週間ほど待っていただければ対応できると思います。それでも足りないなら、それは過去になかったすごい売れ方です。


任天堂社長「性能や機能譲らず価格重視」 スイッチ発売:朝日新聞デジタル

転売屋多すぎ...購入できたのは楽天ブックスだった

ただ、待つだけなのは耐えられなかったので、今度はネットで探すことに。

いつも使っているAmazonや楽天市場を見てみると、完全に転売屋の巣窟になってます。定価32,378円(税込)の本体が、4万円前後で販売されてます。中には49,800円なんて価格も。Amazonは数日前は出品数は150前後でしたが、日が経つにつれでどんどん増加。3月14日の時点で240前後を上下してます。転売屋が手に入れたものがどんどんAmazonに流れてます。ん〜、これってどうにかならんもんですかね?

任天堂もAppleみたいに、オンラインストアで常時受付さえしてくれれば万事解決する気がするんだけど。販売店もいつどれだけ入荷するか分からないし、生産台数をコントロールできるのは任天堂だけなんだから、マイニンテンドーストアでカラーカスタマイズなんてできなくていいから予約受付すればいいのにね。ずーっとソールドアウトにするんじゃなくて、「納品1週間」とか期間を書けば問題ないとは思うんだけど。なぜやらないのかは謎。


前置きが長くなりましたが、結論を言うと、僕は楽天ブックスで購入できました。

楽天ブックスの購入メール
楽天市場じゃなくて楽天ブックスです。これ、価格が35,578円になってますが、楽天あんしん延長保証(自然故障+物損プラン)が本体とセットになっている価格です。商品名は『Nintendo Switch JoyーCon(L)/(R) グレー 【楽天あんしん延長保証(自然故障+物損プラン)セット】』です。約3,000円ぐらい高くなってますね。

でもこれで合計5年間の自然故障と物損プランがセットになってるのでまぁ良かったかなと。子供も遊ぶので、自分一人で遊ぶより壊れる確率はちょっと高くなるし。

こういう保証がついてる商品だと、転売屋さんが手を出さないから買えたんじゃないかなと。

ちょくちょく在庫が復活することもあるので、ネットで狙ってる方はアクセスしてみるといいかも。

購入するならどこが穴場?

今回、色々と調べましたが、実店舗で購入するなら「みんなが行かないゲーム屋さん」が狙い目です。

具体的にどう言うところかと言うと、地方のショッピングモールのゲームコーナーとか、ちょっと田舎のドンキホーテとか、「ここにゲーム売ってあるの?」と思うようなところが穴場ですね。まぁ、僕の近所にはそういうところはなかったので行けませんでしたが、きっとみんなが行きそうにないゲーム販売店がどこかにあるはず。

あと確実に買いたいなら、予約を受け付けてくれる店舗を見つけることです。


ネットの場合も同様。あまり人気がないショッピングサイトがいいでしょうね。穴場っぽいところを含め、いくつか探してみました。

Joshin webおもちゃ通販の専門店 トイザらス オンライン ストアヤマダウェブコムセブンネットショッピングnojima online(ノジマオンライン)ビックカメラヨドバシカメラなど、在庫が復活しそうなショッピングサイトは先に会員登録を済ませておくと安心です。

こちらに詳しくまとめてます。あわせてどうぞ。
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)が買えない方のための販売サイト一覧。一体いつ買えるんだ?|SKEG*log


実は購入前、Joshin Webで在庫があった時があったんですが、会員登録してなかったのでモタモタしてたら速攻でなくなりました。登録は大事です。

今回、僕は楽天ブックスで買いましたが、数年前に子供の3DSのソフトを楽天ブックスで購入したことがあったので、もしかしたらSwitchあるかも?と思ったのが決め手になりました。さらに、楽天ブックスは保証付きで3,000円ほど高いので転売屋さんも買わなかったんじゃないかなと。

心配なのはゼルダをクリアした後

楽天ブックスで注文したSwitchですが、昨日の夜8時過ぎに発送済みになってまして、あとは到着を待つのみ。

今日か明日には届く予定なので、届いたらプレイしてレビューを書く予定。

じっくりと気長にプレイするつもりですが、問題はゼルダをクリアしたあと。


ワンツースイッチはすぐ飽きそうなので買うつもりなし。次に買うのは、子供も楽しみにしている夏に発売予定のスプラトゥーン2かな。その間、何をして遊ぼうかなと考え中。夏までゼルダをゆっくり楽しむのもいいかもしれないけど、そこまでクリアに時間かからないからなぁ。となると、4月に発売されるマリオカート8デラックスかなぁ。

そのほか、NetflixやHuluがSwitchで見られるようになるという話もあるし、今後どういう展開になるのか期待しつつ、個人的に10年以上ぶりの新ハードをじっくり楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。