誰にも見せたくない!隠したい!iPhoneで撮った写真をカメラロールに保存せず個別にロックする方法

iPhoneで撮った写真をカメラロールに保存せず個別にロックする方法

カメラロールに保存しないからプライバシーもバッチリ

誰にも見せたくない写真ってあるもんです。どういう理由かは置いといて、そんな誰にも見せたくない写真をiPhoneで撮影・保存・管理する方法をご紹介。

写真アプリには他人に見せたくない写真を非表示にする機能はあるけど、モーメントやコレクション、年別の画面に表示されなくなるだけで、アルバムにはどうやっても表示されてしまいます。

そんな時は、『メモ』アプリを使えば万事解決です。

スポンサーリンク

「メモ」アプリのロック機能を使って写真を保存する

「メモ」アプリには、パスワードやTouch IDでメモを個別でロックする機能があります。

今回は、その機能を使って写真を保存します。

まずはiPhoneで「メモ」アプリを起動。

メモアプリを起動し、新規メモを作成
メモ一覧画面の右下にあるアイコンをタップして「新規メモ」を作成します。続けて、キーボードの右上にあるプラスアイコンをタップます。


メモアプリで写真を撮影
写真アイコンをタップして「写真またはビデオを撮る」をタップ。


写真を撮影して共有アイコンをタップ
写真を撮影したら「写真を使用」をタップ。すると、メモの中に撮影した写真が挿入されます。1枚だけでなく、続けて撮影すれば好きなだけ写真を追加できます。

撮影が終わったら、右上の共有ボタンをタップ。


メモをロック
「メモをロック」をタップすれば、メモを個別にロックすることができます。メモアプリのロック機能を使うには、事前に「設定」→「メモ」でパスワードを設定しておいてください。


この方法だと、写真アプリのどこにも写真は保存されません。モーメントにもアルバムにも、もちろんフォトストリームにも保存されません。完全にメモアプリだけに保存されます。

もし、誰にも見られたくない写真や動画がある場合はメモアプリを使えば安心です。すでに撮影している写真やビデオも同様に保存できます。

プライバシーやセキュリティ関係で誰にも見せたくない情報がある時にも重宝しそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。