エアコンの風を有効活用。夏は除湿・冬は暖房で洋服を乾かす『エアコンハンガー』。室内でも最短で乾く!

エアコンの風を有効活用。夏は除湿・冬は暖房で洋服を乾かす『エアコンハンガー』。室内でも最短で乾く!

エアコンに取り付けるハンガーで、生乾きのニオイなし!

超便利なハンガーですが、エアコンがキレイなことが前提です。もしカビだらけのエアコンなら、まずエアコンを掃除してから使ってください。いくら簡単に乾くといっても、ガビが洋服についちゃいますからね

さて、本格的にジョギングを始めて1年10ヶ月。途中、腰痛に悩まされて数ヶ月休んだこともありましたが、今では週に5〜6日走る習慣が出来上がりました。シューズは2足用意してローテーションしてますが、ランニングウェアはまだ1セットしか持ってません。だから、金曜の夜走って、土曜の朝走る時とかまだ乾いていない時が多々あります。そんな時に便利なのが、この『エアコンハンガー』。エアコンの風を有効活用し、洗濯物を最短で乾かしてくれます。

スポンサーリンク

エアコンの風で省エネ乾燥!夏は除湿、冬は暖房で年中使える

エアコンの風で省エネ乾燥!夏は除湿、冬は暖房で年中使える
エアコンハンガーは、自宅のエアコンに取り付けられるハンガー。エアコンの風を使って洗濯物を乾かすアイデア商品です。

たくさん干せて、洗濯物がなかなか乾かない冬や梅雨の時期に大活躍します。直接洋服に風があたるので、部屋干しにありがちな生乾きの臭いもありません


折りたたんで収納できる
使わないときは折りたたんで収納可能。たためるとはいえ、多少見た目は気になるかも。

スペースと取り付け場所をチェック

便利なエアコンハンガーですが、設置条件を満たしてないとエアコンに負荷がかかってしまう場合があるので、しっかりと設置場所をチェックしてください。

エアコンハンガー 本体サイズ
本体サイズは、高さ40cm、幅109cm、奥行き36cmです。伸縮タイプもあります。


取り付けに必要な隙間
ハンガーを取り付けるために、エアコンに以下のスペースが必要です。

エアコン上部:5cm以上
エアコン左右:6cm以上
エアコンの高さ:40cm以上
設置面の幅:110cm以上


取り付けできない場所
以下のような場合は設置できません。

  • エアコン取り付けに「室内機据付け用桟」を使用している場合
  • 奥まっている場所に設置されている場合
  • 取り付け面の壁がエアコンの上端から40cm未満の場合

特に、下地がしっかりしていない壁に取り付けられているエアコンには使用しないこと。エアコンに負荷がかかってエアコンが落下する恐れがあります。

取り付け方法 もし付けられないなら…

取り付け方法は簡単。

取り付け方法
保持版をエアコンの横からスライドさせ、壁とエアコンの隙間に差し込みます。そこに本体のバーを挿入して設置するだけ。


とても簡単だしAmazonのレビューも高いので、うちのエアコンにも設置しようと思いましたが、どうもペースが無理っぽい感じ。でもランニングウェアはちゃんと乾かしたい。というわけで、うちは組み立て式の物干しスタンドを使うようにしました。

千円ほど高いですが、こっちだとエアコンのスペースやら設置条件を考えずに気楽に購入できます。エアコンの下に置いても、エアコンハンガーより吹き出し口からちょっと距離はありますが、それでも十分乾きます。天気がいい日は外にも干せますよ。

使わないときは畳んで部屋のすみっこに立てておけばほとんど気になりません。

ハンガーもいいですが、物干しスタンドもおすすめですよ。物干しスタンドを買うなら、最上部のピンチが多い方がおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。