日の出30分後の優しい太陽の光をLEDで実現したデスクライト『Rebio(レビオ)』目に優しく文字くっきり!

日の出30分後の優しい太陽の光をLEDで実現したデスクライト『Rebio(レビオ)』目に優しく文字くっきり!

目に優しい柔らかな自然光をいつでも自宅で再現!

文筆家、読書家、研究者、受験生、鑑識官、工芸作家、デザイナーなど、長時間にわたって目を使い続ける方々に長年愛用されてきたYAMAGIWAのバイオライト。人間の目に最も優しいと言われる「日の出30分後」の太陽光にきわめて近い特性を持ったライトで、不快なまぶしきさを感じさせない、目に優しく、小さな文字を長時間読んでも疲れにくいライトです。

その名作と呼ばれたバイオライトの白熱電球の上質な光を、現在の主流であるLEDで再現することに成功したのが、LEDタスクライト『Rebio(レビオ) 』です。

スポンサーリンク

LEDタスクライト『Rebio(レビオ)』の特徴

LEDタスクライト『Rebio(レビオ)』の特徴
文字が読みやすいためには光はどうあるべきか」という問いに真正面から向き合いゼロから開発されたRebio。その結果、文字が読みやすく、小さな文字を長時間読んでも目が疲れにくく、赤は鮮やかに、白はより白く、本来の色を再現することに成功しました。

主なRebioの特徴がこちら。

  • 目に優しい!小さな文字を長時間読んでも目が疲れにくい!
  • 紫色LEDを採用し、対象物の本来の色を限りなく自然に再現
  • JIS規格の読書に適した明るさの2倍以上をなのにまぶしくない
  • 読書だけでなくパソコン作業にも十分な照度を確保できる
  • LED特有の不快な多重影はなし
  • 明るいながらまぶしくない、整えられた作業環境を作ってくれる
  • 広い可動範囲のアームで照らしたい場所を適切に照らせる
  • 設置するパーツが豊富

読書もそうですが、特に長時間パソコンを使うことが多いと目がシパシパしてくるんですよね。モニタの明るさより周囲が暗くならないよう気をつけてますが、どうも改善しないので照明を変えることも検討してみようかなと。Rebioならパソコン作業でも十分な照度を確保できるし、見た目もかっこいいので第一候補ですね。


レビオ 文字の見え方 一般的なLEDライトと比較
紙に印刷された1文字1文字がくっきりと見え、無理なく読むことができます。長時間にわたるデスクワークや受験勉強の時にも目の負担が大きく軽減されます。


レビオ 色の再現 一般的なLEDライトと比較
不快なまぶしさを感じやすい青白い色温度(5000K以上)ではなく、日の出30分後の太陽光に近い色温度(3000K)の光で本来の色を再現。赤はより鮮やかに、白はより白く見せてくれます。


レビオ 影 一般的なLEDライトと比較
複数のチップを1つのパッケージにしたLED光源を採用。LEDに特有の不快な多重影は発生しません。より太陽光に近い影ですね。


レビオ 照らしたい場所が適切に照らせる余裕の可動範囲
おしゃれなデザインの本体には、照らしたい場所が適切に照らせる可動範囲の広いアームを採用。アームの可動範囲は高さ83cm × 幅98.5cm。ヘッドは270度回転可能。


Rebio フロアベースセット
設置用のパーツも豊富。机の上などに設置するベースタイプやクランプタイプのほかに、リビングにも置けるようフロアベースセットも発売されてます。


スイッチを入れれば本や新聞、雑誌の文字が浮かび上がるように自然と目に飛び込んでくる。LEDのため、チラツキがなく目の負担も軽減され、長時間の作業でも目の疲れが少ない

目を使うことが多い現代の生活・仕事環境にふさわしいライトですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。