新Fire TV Stick(ファイアーテレビスティック)日本予約受付開始!早速、予約注文しておいた。

新Fire TV Stick(ファイアーテレビスティック)日本予約受付開始!早速、予約注文しておいた。

2016年10月にアメリカで発売開始になっていた新Fire TV Stick(ファイアーテレビスティック)。それから遅れること約4ヶ月。日本でもようやく受付が開始されてます。

僕はスタンダードリモコンタイプを2015年9月から使ってますが、どうも動きがもっさりすることが多くなってきたので、買い替えを即決!早速、予約注文しておきました。

スポンサーリンク

何がどう変わった?新Fire TV Stick

新型がどう変わったのか、Amazonで見てみるとこのFire TVの比較表が公開されてました。

Fire TV の比較
Fire TV Stick (New モデル)

左が新登場のFire TV Stick。

旧型のFire TV Stickのスペックがなくなったので、過去のモデルとどう変わったのかがよく分からない。というわけで、アメリカで新モデルが発売された時にエントリーした時に使った画像を持ってきました。

それがこちら。

Fire TV Stick 新モデル発表後の日本のラインナップ
日本で今後どういう展開になるのか予想したものですが、ほとんど今の状況と同じですね。

  • 音声認識のないスタンダードモデルがなくなる
  • 音声リモコン付きのFire TV Stickが価格改定で値下げ
  • プロセッサはデュアルコアからクアッドコアへ高速化
  • Wi-Fiはよりつながりやすくなる802.11ac(MIMO)に対応

そのほか、BluetoothもVer.4.1になりました。GPUはMali450 MP4。メモリは1GB、ストレージは8GBで変わらず。映像出力は最大1080/60p。音声はDolby Audio 5.1chに対応。最大7.1chのHDMIオーディオパススルーも可能。


一番嬉しいのはプロセッサがデュアルコア→クアッドコアにアップしたことですかね。

たまに、ボタンを押した時の反応が極端に遅くなったり、ホーム画面の読み込みが遅くなったり、起動してすぐBONESが見たいのにロードに時間がかかる時がある、といった場面に出くわすことが多くなってたのが不満だったんですよね。

新Fire TV Stickで、この不満がすべて解消されるはずなので、すぐに予約受付しておきました。

発売は2017年4月6日。

予約が増えれば手に入る時期がずれ込むことも予想されるので、ご予約はお早めに。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。