超簡単!iPhoneの画面をMacのディスプレイに映し出す方法 雑誌を読むときに便利!

超簡単!iPhoneの画面をMacのディスプレイに映し出す方法 雑誌を読むときに便利!

iPhoneで雑誌が読みにくいなら大画面のMacに映し出せば快適!&超お手軽!

iPhone 7 Plusで雑誌を読むことが多いんですが、ピンチインピンチアウトが快適に使えるものの、やっぱり5.5インチのディスプレイじゃ見にくい。iPad miniだとかろうじて拡大せずに読めるものもあるけど、快適に雑誌を読むなら9.7インチ以上のディスプレイは欲しいところ。

でも、雑誌を読むためだけに9.7インチ以上のiPadを購入するのもなぁ…と悩んでた時に思いついたのが「27インチのiMacに映し出せばいいんじゃない?」ということ。

スポンサーリンク

iPhone 7 Plusでも雑誌は読みにくい

iPhone 7 Plusは5.5インチのディスプレイですが、さすがに雑誌を読むのはつらいです。

iPhoneとMacを接続する
僕が普段雑誌を読むときに利用しているのが「dマガジン」。

これで「Mac Fan」を開いてみます。

Mac Fan iPhone 7 plusの画面
iPhone 5sやSEなどの4インチディスプレイよりは見やすいですが、5.5インチのディスプレイでも、拡大しないと文字はほとんど読めません。

QuickTime Playerを使って映し出す

これを27インチのiMacで見たらどうなるか、早速試してみました。

まずは、iPhoneをLightningケーブルを使ってiMacと接続します。

普段、iPhoneをMacのiTunesで同期したりバックアップしてるなら特にやることはありません。初めてiPhoneをMacに接続した場合は、iTunesが起動するのでアクセス許可や同期など画面に従って行ってください。


次に「QuickTime Player」を起動。

QuickTime Player 新規ムービー収録
「ファイル」→「新規ムービー収録」をクリック。


QuickTime Player カメラをiPhoneに切り替える
表示されたウィンドウの赤い録画ボタンの右にある下矢印部分をクリック。カメラを接続しているiPhoneに切り替えます。


iMacの画面にiPhoneの画面が映し出された
27インチiMacのディスプレイに、iPhoneの画面がどーんと映し出されました!小さな文字も大きく表示され、快適に雑誌を読めるようになりました。


iPhoneを操作するとMacの画面も動く
iPhoneの画面を左右にスワイプしたり、ピンチインアウトをすれば、iMacに映し出されている画面も同じように表示されます。ほんのわずかにタイムライグはありますが、ほとんど問題ありません。


本来はiPhoneの画面を録画するための機能ですが、iPhoneの小さな画面を大きなディスプレイに映し出すことにも使えます。

今回は例として雑誌を快適に読む方法を紹介しましたが、打ち合わせやプレゼンなどでも使えますね。

以上、「超簡単!iPhoneの画面をMacのディスプレイに映し出す方法 雑誌を読むときに便利!」でした。ぜひお試しを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。